ライフハック 中国アプリ 時事新聞

急激に普及した中国のシェアサイクル事情

更新日:

最近、中国では写真のようにオレンジやイエローの自転車が無秩序に道路に散乱している様子を目にします。

特に学校や地下鉄の駅周辺の路上にはカラフルな自転車が散乱しています。

これらはすべてスマホアプリに紐付いたシェアサイクル(共享単車)で、2017年に入って恐ろしい勢いで普及し始めています。

運営会社は複数あるようですが、下図のようにほぼ2強の「魔拝単車」と「ofo」で85%超のシェアを占めています。

ルーツは、2014年に北京大学の学生4人が「ofo」を設立し、広い大学構内の移動問題を解消するためにシェアサイクルのシステムを導入したのが発端らしいです。

まぁ色々課題は多そうですが、非常にわかりやすいIoTの導入事例であり、とにかく便利なので東京にも導入してほしいものです。

→東京でも実証実験されてました!

東京にもあったシェアサイクル!電動自転車ですごく便利そうだけど・・・

これまで中国のシェアサイクルの凄まじさを紹介してきましたが・・・ 実は東京でも密かにシェアサイクルが展開されていました。 コミュニティーサイクル https://docomo-cycle.jp/tok ...

続きを見る

-ライフハック, 中国アプリ, 時事新聞

Copyright© 中華ライフハック , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.