中国アプリ 時事新聞

ソフトバンクが「滴滴出行」に5650億円出資

投稿日:2017年5月14日 更新日:

ソフトバンクが中国配車最大手に出資合意 5700億円
2017.5.13 06:12
ソフトバンクグループが中国の配車サービス最大手の滴滴出行に50億ドル(約5700億円)を出資することで合意していたことが、12日分かった。(SankeiBizより引用)

中国のタクシーは、ドライバーの運転は荒いし、大音響で変な音楽流したりするし、言わないとエアコン点けてくれないし...などなど不満をあげるときりがないのですが、「滴滴出行」の配車サービスは、素晴らしいシステムと断言できます。特に、その土地に詳しくない外国人にとっては非常に便利なツールだと実感しました。

そんなタクシー配車サービスがなかなか定着しない日本ですが、孫さんの腕力で2020年に向けて普及を急いでほしいものです。

送迎サービスは圧倒的に日本の方が優れているのだから!

 

↓↓↓国際クレカ対応で非常に便利になった「滴滴出行」

「滴滴出行」のダウンロードと登録方法

今や快適な中国生活を送る上で必須となった、中国のタクシー配車アプリ「滴滴出行」のダウンロードと登録方法を図解します。 必要なもの 携帯番号(日本の携帯番号でも可) スマートフォン端末 国際クレジットカ ...

-中国アプリ, 時事新聞

Copyright© 中華ライフハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.