中国夜総会

2017年中国KTV事情|上海不夜城の一人カラオケで熱唱してみました

投稿日:2017年8月6日 更新日:

中国経済の発展とともに、最近は夜総会KTVの料金もチップも高騰し、めっきりカラオケには行く機会が減少してしまったのですが、ボクは歌をうたうこと自体は好きなんです。

先日、上海駅近くの不夜城デパートのレストラン街で食事をしていると、電話ボックスを横に2倍に広げたような一人カラオケボックスを発見!面白そうなので歌ってみました。

一人カラオケのWOWとは?

WOW哇屋


WOWの移動式カラオケボックスは、最先端の音響、音楽、娯楽、科学技術を融合し開発されたエンターテイメントマシンです。

サイズは1.5m×1.5m高さ2.7mと非常にコンパクト、移動可能で場所の制約も無いため、様々な場面で応用でき、日常生活に密接し歌に陶酔できる時間を提供するカラオケボックスです。

 

実際に一人カラオケしてみました


BOXの中に入ってみると椅子が2つあったので、二人カラオケも可能な仕様です。


室内にはマイクとヘッドホンが2セットあります。


料金コースは「15分20元」「30分35元」「60分58元」「1曲8元」の4つあり、支払い方法は「WeChat(微信支付)」か「Alipay(支付宝)」で現金はつかえません。


歌手検索画面では「熱門歌手」「大陸男歌星」「大陸女歌星」「港台男歌星」「港台女歌星」「中国組合」に分類されており、残念ながら日本の歌手はなさそうです。


「港台男歌星」を選択し


周杰伦の曲を入れてみました。

 

WeChatの公式アカウントに!

WeChatで支払いすると、自動的にWOWの公式アカウントが追加されます。


公式アカウントの「录音列表」を押してみると


なんと、先ほど歌った自分の歌声の録音がアップロードされ聞けるようになっていました。

この録音をもとにカラオケ大会イベントに参加したりもできるようです。

-中国夜総会

Copyright© 中華ライフハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.