中国IT 中国VPN 中国動画視聴

モンスター井上尚弥vsマクドネルのボクシング世界戦を中国で視聴してみたところ・・・

投稿日:2018年5月26日 更新日:

ボクシングファンのボクは、5月25日に行われたモンスター井上尚弥vs10年間無敗のWBA世界バンタム級王者ジェームス・マクドネルの試合を非常に楽しみにしていたのですが、あいにく中国湖北省に出張中でした。上海なら日本料理屋なんかで日本のテレビを視聴できるお店も多いので、お店で食事がてら視聴することができるのですが、内地滞在中だったので自力で視聴するしかありませんでした。

中国プロボクシング|中国現役最強のボクサーは誰か!?中国PFPランキング・トップ10を紹介

そもそも10数年前まで中国にプロボクシングという競技は存在せず、選手にとっての最終目標はオリンピックでした。それが、経済の発展とともにボクシング団体やプロモーターたちが中国市場に目を付け始め、それを後 ...

中国語メモ:

ボクシング「拳击」

モンスター「怪物」

バンタム級「雏量级」

視聴手順は凄ぶる簡単

  1. インターネットに接続
    ホテル滞在中だったのでホテルのWifiに接続しました。
  2. VPNに接続
    契約している「セカイVPN」に接続しました。
  3. 動画配信サイトでライブ中継を探す
    SNSなどで検索するとライブストリーミングをしているサイトがあります。

前の試合の拳四郎選手の試合が早く終わってしまったせいもあり、現地時間19時(日本時間20時)に上記手順で接続したままずっと待機します。

 

ようやく試合のゴングです!!!

 


1R112秒でTKO終了!!!

すごい!!!強すぎます!!!

 


1R終了なので、ラウンドガールも出番減少・・・

最近、村田諒太選手の試合などでもよく見かけるこのラウンドガールかわいいですよね。

調べたら「神部美咲(じんぶみさき)」さんというモデルでした。

 

セカイVPNを選んだ理由

中国出張127日/年のボクが「セカイVPN」を選んだ理由は以下の通りです。

  1. 2か月間無料体験
    VPNについてはいろいろなサイトで評価されたりしていますが、中国のネット規制はそんなに甘くないので、本当に中国でつながるのかどうかというのは自分の目で確かめたいものです。この「セカイVPN」なら簡単な登録をするだけで本当に2か月間は無料で試すことができるので安心です。
     
  2. 動画視聴がサクサク
    VPNを導入する目的は、Google、LINE、Facebookなどが、中国の金盾と呼ばれるアクセス規制されているサービスを閲覧するためですが、その他、AmebaTV、Netflix、Huluなどの動画サービスもアクセス規制の対象となっています。「セカイVPN」なら若干通信速度が遅くなり、たまに途切れたりはするものの、視聴に耐えうるレベルの通信速度を維持しています。
     
  3. とにかく使い方が簡単
    初回に専用のアプリをダウンロードして簡単な登録をすれば、次回以降はアプリを起動させて接続ボタンをワンタップするだけという簡単な仕様が好印象です。
     
  4. オンラインで領収書も発行できる
    簡単にオンラインで領収書を発行できるので、会社の経費として申請も可能です。

中国でVPNより安定して高速ネット接続ができるShadowsocks専用プロバイダー「UCSS」とiOSアプリ「Quantumult」の設定方法

私は中国でGoogleが閲覧できなくなった頃から、もうかれこれ7~8年ほど中国のネット規制を回避するために様々なVPNサービスを試してきました。最近、試しに導入してみた「UCSS」というプロバイダーの ...

-中国IT, 中国VPN, 中国動画視聴

Copyright© 中華ライフハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.