中国VPN

アフターコロナの中国で今使えるVPNは?ネット規制はさらに厳しく

2020年5月20日

中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネット検閲システムが全土に網羅されておりインターネットの閲覧や通信が制限されているため、Googleなど一部の海外サービスは遮断され利用できなくなっています。

そんな「グレート・ファイアウォール」をかいくぐり、海外のサービスを利用できるようにするのがVPNです。

 

中国VPN規制は過去最高の厳しさ

近年では「中国当局による規制強化 vs 規制をかいくぐるVPN業者」のいたちごっこのが続いており、昨日まで接続できていたVPNが突然使えなくなるというケースが散見されています。

また、2020年2月頃から、中国の一部地域で速度が出にくい状況が生じています。

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務などネット利用者の絶対数が増加する一方、通信量のインフラ拡張が進んでおらず、各地で回線がパンクしているようなのです。

このような環境下では、サービスのアップデートを頻繁に行っていないVPNを使っていると、突然ネットが遅い、繋がらないといった状態に陥る可能性もあるので要注意です。

どのVPNサービスを選ぶかが、快適な中国ネットライフを過ごす上で非常に重要なテーマになります。

そこで今回は、2020年5月時点で「今使えるVPN」をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

 

今使えるVPNサービス

UCSS

  • 中国向けShadowSocks専用プロバイダ
  • 料金:$9/月〜
  • 通信量:50GB/月〜
  • 3台まで同時接続可能

UCSS」は、通信が非常に安定しスピードも出るサービスなので既に3年メインで利用しています。無料お試し期間が無く価格も若干高めなので踏ん切りがつきにくいかもしれませんが、ネットのヘビーユーザーには是非オススメしたいサービスです。個人的には、Netflixの日本地域限定コンテンツも視聴できるので契約しました。

こんな人におすすめ

お財布に余裕のあるネットヘビーユーザー

中国でもNetflixが見たい

もっと詳しく

 

かべネコVPN

  • 最新通信方式Trojan-GFWも提供中
  • コスパ最強 料金:¥480〜
  • 使わない日は繰り越せる
  • 最長21日間無料試用可能

かべネコVPN」は、中国出張が多い方にオススメしたいVPNです。中国でVPNを使わない日があれば最大契約期間の+50%分を繰り越し自動延長してくれるので大変お得です。また、日系のサービスなので、常にHPやSNSなどで中国当局による規制強化情報及び規制回避の方法などの情報についてタイムリーにアナウンスしてくれるので安心して利用できます。コスパが良いのでセカンドVPNとして活用しています。

こんな人におすすめ

頻繁に中国へ出張に行く

コスパを重視したい

もっと詳しく

 

PURE VPN

  • 通信速度と安全を重視したプロバイダ
  • 料金:$10.95/月〜
  • $0.99で7日間お試し
  • 全世界に2,000台以上のサーバー

PURE VPN」は、全世界140の国と地域に2000のVPNサーバーを稼働させており、中国にも上海と北京に6台ずつあるのが特徴です。中国滞在時は海外のサーバーに接続して壁越えし、日本滞在時に中国国内のネットコンテンツにアクセスしたい場合は逆壁越えも可能なハイブリッドVPNサービスです。

こんな人におすすめ

頻繁に日中の往来をし逆壁越えで中国のコンテンツも見たい

もっと詳しく

 

セカイVPN

  • 日系老舗VPNサービス
  • 月額1000円ぽっきり
  • 即日3分ですぐ使える

セカイVPN」は、日系の老舗VPNサービスです。なんといっても業界最長「最大2ヶ月という長期間の無料体験ができる」という太っ腹なサービスです。専用のアプリも非常に使いやすく申し込めば即日3分で使えるので、中国に出張や旅行で短期滞在する方や、はじめてVPNを使う方にオススメしたいサービスです。

こんな人におすすめ

はじめてVPNの存在を知った

出張や旅行で中国に短期滞在する

もっと詳しく

 

無料VPNサービスについて

当サイトにも「無料のVPN」についての質問をよくいただきますが

私は必ずこう回答しています…

「タダより高いものはない!」

⬇︎なぜ「無料のVPN」をオススメしないのか

中国の無料VPNは安全なの?無料VPNをおすすめしない理由

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

続きを見る

中国生活で役立つ記事13選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

5

中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネット検閲システムが全土に網羅されておりインターネットの閲覧や通信が制限されているため、Googleなど一部の海外サービスは遮断され利用 ...

6

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

7

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

8

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

9

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

10

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

11

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

12

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

13

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

-中国VPN

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.