タオバオ 中国アプリ

【超簡単】タオバオ(淘宝)で購入した商品を日本へ発送してみました

投稿日:

【2018年】日本からタオバオ(淘宝)の11月11日大セールで購入してみた

11月11日は「光棍节(独身の日)」と呼ばれ、中国のECサイトがこぞってセールを実施する日です。 今年はアリババの11月11日カウントダウン特番「双十一狂欢夜」に日本から渡辺直美さんも参加したようです ...

続きを見る

双十一にタオバオ(淘宝)で購入した商品を越境通販で日本へ配送したので、その方法を備忘録として記します。

輸送状況を確認

購入した商品の輸送状況をAPPの「我的订单」で確認します。

11月11日に注文した商品は11月17日に東莞保税区の中継倉庫に到着したことがわかります。

 

日本への配送手続き

トップページの「物流中心」をプッシュし、跨境物流操作で「待集运」をプッシュします。

物流業者(4PX递四方速递)を選び、日本へ送りたい商品を選択します。商品が複数ある場合はまとめてパッキングしてくれます。

中継倉庫では20日間は無料で保管してくれるので、20日以内に手続きしましょう。

日本までの輸送費用69元(約1130円)を確認し、「确认订单」でアリペイ(支付宝)に登録した国際クレジットカードで支払います。

支払いが完了しました。

あとは日本の住所に配達されるのを待つのみです。

 

商品が届きました

11月23日に日本への配送手続きをした商品を12月1日に東京で受け取ることができました。

アンダーアーマーの段ボール箱で包装されていました。

ちなみに宅配業者はヤマト運輸でした。

中の包装もしっかりとしていました。

日本で非売品のアンダーアーマーのダッフルバッグです。

定価1299元の商品を624元+送料69元で購入できました。

 

タオバオ越境通販の所要日数は?

注文から商品受け取りまでの流れ

  • 11月11日 注文
  • 11月13日 上海から出荷
  • 11月17日 東莞中継倉庫へ入庫
  • 11月23日 日本へ配送手続き
  • 11月29日 日本で通関
  • 12月1日 商品受け取り

日本への配送手続きを中継倉庫到着後すぐに行っていれば5日ほど短縮できたと思うので、実際の所要日数は15日です。

また、11月11日は1年で最も忙しい日なので、通常時期に注文した場合はもう少し時短されるのかもしれません。

機会があれば、また注文してみたいと思います。

-タオバオ, 中国アプリ

Copyright© 中華ライフハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.