深セン

深セン大芬油画村で「世界で一番ゴッホを描いた男」に会ってきた!

2019年2月20日

世界で一番ゴッホを描いた男

職人か芸術家かー。 20年にわたりゴッホの複製画を描き続け、本物の絵画を見たいと夢み、ゴッホに人生を捧げる男の姿を追った感動のドキュメンタリ

世界で一番ゴッホを描いた男は、私が2018年に見た映画の中で最高傑作です。

職人か?芸術家か?という二元論では答えを出せない、かなり奥の深いドキュメンタリー映画でした。

物語前半は主人公のシャオヨン(趙小勇)を通して、日本人にはあまり馴染みのない深セン大芬油画村の複製画というビジネスについての描写から始まります。

普段、私が中国でよく目にするブランド品のニセモノ商売と、なんとなく一線を画していると感じたのは、ただ単に絵画をコピーしてお金を稼ぐのではなく、芸術家に対する敬意や愛が溢れているからなのかもしれません。

物語後半で、主人公シャオヨンは本物のゴッホ作品に触れられるという希望に満ち溢れ、家族の反対を押し切ってアムステルダムに旅立つのですが、本物のゴッホの作品を目の当たりにし、 自分の作品が遠くおよばないという現実に直面し、絶望の中、ホテルの部屋で泥酔するシャオヨンの描写が衝撃的でした。

恐らくシャオヨンは20年以上ゴッホの複製画を描き続けるうちに、ゴッホに対する敬意が芽生え、描き続ければ、いずれ、ゴッホに近づける、ゴッホに近づいているのだという自覚があったのだと思います。

それだけに、このアラフォー男がボコボコに打ちのめされるシーンはたまらなく切ない気持ちになりました。

 

世界で一番ゴッホを描いた男に会いたい

世界で一番ゴッホを描いた男の映画を見てから、主人公シャオヨンのファンになり、深センに行ったら大芬油画村に行ってチャンスがあればシャオヨンに会ってみたいという気持ちがわき上がってきました。

大芬油画村とは

大芬油画村は中国の深セン郊外にある複製画では世界市場の6割のシェアを占める油絵の卸売を行う地域です。

最寄りは、深セン地下鉄3号線の「大芬」駅で、徒歩500mぐらいで到着します。

村一角に油絵関連の店舗が乱立していました。

路地のいたるところで油絵を描く画家の姿を見ることができます。

おなじみゴッホのひまわりの複製画です。いろんな画廊で販売していました。

肖像画なども描いてもらえるようです。

シャオヨンに会いに行った!

大芬油画村は、大小の建物が乱立し迷路のように入り組んでいました。

シャオヨンの画廊の場所は、上の図の赤丸の周辺だったと記憶しています。

画廊の外観はこんな感じでした。

「趙小勇創作室」という看板が立っていました。

画廊の中に入ると、入口には完成作品、奥には制作中の油絵がたくさん吊るしてありました。

シャオヨンご本人登場です!

非常に気さくな方で、日本から来たと言ったらお茶をいれてもてなしてくれ、日本での映画公開以降、日本人も何人か来たと言ってました。

 

最後に、私が一番こころをえぐられたアムステルダムでシャオヨンが本物のゴッホのひまわりを見た映画のシーンを、ご本人が俯瞰的に描いた複製画ではないオリジナル作品を即決で購入しました。

 

待望のDVD発売!

世界で一番ゴッホを描いた男、待望のDVD化が決定したようです!

この映画は本当におススメです!

created by Rinker
¥4,029 (2020/04/04 04:37:14時点 楽天市場調べ-詳細)

深セン観光はおまかせ!日本語ガイド派遣サービス

中国生活で役立つ記事12選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

5

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

6

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

7

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

8

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

11

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

12

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

-深セン

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.