中国ライフハック

ダメもとで中国出張中に銀行口座を開設しに行ってみた(工商銀行)

2017年4月26日

中国では近年、金融犯罪やマネーローンダリングなどの事件が多発しているのと同時にモバイル決済サービスが急速に普及しているため、当局による銀行口座の開設に対する規制が強化されているようです。

2017年になり中国の居住証を持たない外国人は原則として銀行口座を開設できなくなったという噂もささやかれる中、ダメもとで上海出張中に銀行口座を開設しに行ってきました。

結論:意外にあっさり開設できました。

中国で銀行口座を開設したかった理由

銀行口座開設の理由は、中国のモバイル決済(WeChatPay・Alipay)を体験してみたい、ただそれだけです。

私は基本的に出張ベースで中国を訪問しているため、中国における収入も納税の義務も無く、中国で銀行口座を開設する必要性がありませんでした。

ただ、中国に滞在し周りを見渡すとWeChatPay(微信支付)Alipay(支付宝)が急速に普及しており、非常に便利そうなので体験してみたかったのですが、中国の銀行口座がなければ利用できないと知り銀行口座開設にチャレンジしてみました。

口座を開設した銀行名と支店

中国工商銀行の上海市静安区にある支店でチャレンジしました。

工商銀行を選んだ理由は、滞在しているホテルに近かったから、ただそれだけです。

口座開設に必要だったもの

パスポート

中国SIMの携帯電話

 

口座開設までの流れ

銀行の入口にて

まず、銀行の入口に立っていた保安係に話かけます。

「我要开户」(口座を開設したい)

すると、保安係は奥の方に並んでいる機械を指差しました。

どうやら、「自助发卡机」と呼ばれる機械で、中国の身分証があれば窓口に並ばなくてもセルフで銀行口座を開設できる機械のようです。

「外国人也可以用吗?」(外国人でも使えますか?)

と問いかけると、保安係は首を振って窓口に行くよう促されました。

窓口にて手続き

窓口の女性行員に「我要开户」(口座を開設したい)と伝え、パスポートを渡し、中国携帯番号を伝えます。

窓口の女性行員はパスポートの情報を見ながら端末に入力し始めました。

本人確認

しばらくするとスマホにSMSで認証番号が届きました。

銀行窓口の端末に接続されたキーパッドにSMSで受け取った4桁の認証番号を打ち込みます。

 

暗証番号を設定

続けて、行員から暗証番号6桁を入力するように促されます。

端末に接続された機械に6桁の暗証番号を2度打ち込みます。

 

意外にあっさり口座開設

所要時間約30分程度で工商銀行の口座が開設できました。


手続書類の写し、キャッシュカード、通帳、密码器

 

手続き内容を確認してみた

キャッシュカード番号、携帯電話番号、パスポート番号が記されています。

口座分類はⅠ類、2017年4月12日に開設

特に何も言わなかったのですが、ネットバンキングの機能は開通してあります。

住所を記入する欄は宿泊しているホテルで良いと言われました。

 

まとめ

中国駐在員からも、出張者の銀行口座の開設は非常に難しいと聞いていましたが、ダメもとでチャレンジしたところ、意外にあっさり開設できました。もしかしたら、たまたま運が良かっただけかもしれません。

銀行口座の開設は、犯罪行為ではないので、もし中国出張中に時間・体力・精神力があるならば、銀行へ出向いて口座開設にチャレンジしてみるのも面白いと思います。

中国生活で役立つ記事13選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

5

中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネット検閲システムが全土に網羅されておりインターネットの閲覧や通信が制限されているため、Googleなど一部の海外サービスは遮断され利用 ...

6

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

7

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

8

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

9

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

10

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

11

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

12

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

13

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

-中国ライフハック

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.