WeChat 中国アプリ 中国ライフハック

【超簡単】日本円でWechatウォレットにチャージ出来た!

2017年7月7日

羽田空港で中国客の出迎えの待ち時間に、到着ロビーに各国通貨を電子マネーに変換できる「ポケットチェンジ」という面白そうなマシンを発見しました。操作してみると、Wechatウォレットにも対応していることが判明したので、本当にチャージできるのか検証してみました。

WeChatPay(微信支付)での決済方法の手引き

WeChatPay(微信支付)とは? 中国一のダウンロード数を誇るWeChat(微信)に紐づいたモバイル決済サービスです。利用者は3.6億人以上です。中国人観光客のインバウンド需要を取り込むべく、徐々 ...

ポケットチェンジとは

海外旅行で余った紙幣や硬貨を、国内で使える電子マネーや、各種ギフト券等に交換する日本初の画期的なサービスこれまで両替できなかった外国硬貨や、両替が面倒だった外国紙幣を空港や空港駅に設置された専用端末に投入すれば、その場ですぐに、ご希望の電子マネーやギフト券などに交換が可能です。日本人旅行者の余った外貨も、訪日外国人の余った日本円も。もう、海外旅行で余ってしまう現金を心配する必要はありません。公式サイトより

交換可能なサービスに、お馴染みのWechatマークがあったので、本当にチャージできるのか検証してみました。

 

 日本円でWechatにチャージしてみた

羽田空港到国際線の到着ロビー(2F)で検証しました。


到着出口付近に設置してあります。

 


操作は簡単タッチパネル式です。

 

 
まず、サービス国の選択画面で「中国」を選択します。

 


「PayPal」「Wechat」「Viber」の3電子マネーにチャージできるようです。

 


Wechatを選択します。

画面にチャージできる上限金額が表示されます。上限を超えた分は自動的に寄付されてしまうので要注意です。

 
コインとお札を投入します。(試しに日本円で500円投入してみました。)

 


投入した通貨の金額が表示されます。

 


CNY26.00に換金&チャージと表示されます。

 


確定ボタンを押すとレシートが排出されます。

レシートのQRコードをWechatアプリで読み取ると次の画面が表示されます。


「同意」を押します。


「確認登録」を押します。

 


通信中・・・

 


日本円でチャージ成功しました!

 

気になる換金レートは?

ポケットチェンジによる換金は、日本円500円⇒人民元26元なので、「100JPY=5.20CNY」でした。

 


当日の為替は100JPY=6.04CNYだったので

手数料約14%

 

ちなみに到着ゲートを挟んで反対側にある、みずほ銀行の換金レートをチェックしてみると


100JPY=5.42CNY

手数料約10%でした。

 

決してレートは良いと言えないですが、今のところ日本から日本円でWechatウォレットにチャージできる唯一(?)の方法なので試してみてはいかがでしょうか。

 

ポケットチェンジの設置場所は?

現時点では3か所のです。

羽田空港国際線ターミナル

福岡空港国際線ターミナル

歌舞伎城1F(新宿)

空港以外では、ゴジラビルでおなじみの新宿TOHOシネマズの近くにもあるようです。

 

交換先サービス一覧

現時点で交換可能なサービスは下記の通りです。

交換先は順次拡大予定らしいです。

中国生活で役立つ記事10選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-WeChat, 中国アプリ, 中国ライフハック

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.