中国偽物事情

30万元の偽札を作って4万元を稼いだ若者が逮捕される

黒竜江省ハルビンで受験に失敗した19歳の若者が、自作の偽札30万元余りを作成した容疑で逮捕されたようです。

ネットの偽札作成動画を参考に、必要工具を買い揃え、研究を重ね100元札と20元札の作成に成功したようです。お札の発行番号が同じな点以外は、肉眼でも手触り感も光沢も、ニセモノと区別できないクオリティだったそうです。

ニセモノ大国の中国だから、若者が高クオリティの偽札を自作したと聞いても驚かないですが、その量刑を調べたら少し驚きました。

中国の通貨偽造の量刑は?

そもそも中国は刑罰が緩いから偽札が横行するんだろうなと思い調べてみました。

3年以上10年以下の懲役刑並びに5万元以上50万元以下のただし 悪質なケースは10年以上の懲役、無期懲役もしくは死刑。( 15,000元以上の場合、即悪質と判定される)

さすが死刑大国です。

百度で「假币」+「死刑」で検索してみると、本当に死刑判決がありました。

 

日本の通貨偽造の量刑は?

刑法第148条第1項
通貨偽造・通貨変造罪
 → 無期又は3年以上の懲役

刑法第148条第2項
偽造通貨・変造通貨の行使罪
 → 無期又は3年以上の懲役

死刑が無い以外は、ほぼ中国と同じ量刑でした。

中国生活で役立つ記事10選

1

日本人が中国で生活する上で今や必要不可欠な通信インフラとなったVPN。でも、いざ使ってみようとすると ...

2

中国において、モバイル決済手段は多くあるに越したことはありません。この記事では、中国出張前に準備して ...

3

今や海外への旅行や出張に欠かせないアイテムのひとつであるポケットWi-Fiルーター。事前にレンタルし ...

4

中国では、現金払いよりも、AlipayやWeChatPayといったアプリによるモバイル決済が主流とな ...

5

WeChatPay(微信支付)は、Alipay(支付宝)と並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表す ...

6

この記事では、現在私が利用している“中国から日本のテレビを見れるサービス”についてご紹介します。 実 ...

7

2023年2月現在、中国Mビザを取得するためには、以下4つの書類が必要です。 中国Mビザ取得 必要書 ...

8

中国は、世界で最も広範囲にわたる高速鉄道ネットワークを誇っており、旅行者にとって効率的な移動手段を提 ...

9

この記事では、海外でAmazonの「Fire TV Stick」を利用し日本の番組を視聴する方法につ ...

10

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple I ...

-中国偽物事情