中国偽物事情

【潜入】上海の偽物市場はどこにあるのか?|2017年版その1

2017年8月9日

模造品の8割は中国製? 中国側は「無責任な批判」と反論
欧州刑事警察機構と欧州連合知的財産庁(EUIPO)は先ほど共同発表した「EUの模造品・海賊版取り締まりの状況報告書2017」の中で、中国は模造品の主な出処であり、2015年には世界の86%の模造品が中国本土と香港で作られたものだったとした。そのうち知的財産権の侵害が最も深刻であり、欧州の税収に大きな損失をもたらし、正規品の流通を妨げ、間接的に現地の失業を生んだという。

経済の発展にともない、表向きは知的財産の保護強化をうたっている中国ですが、相変わらず模造品の生産拠点であるという報告がされています。

上海の偽物市場はどこにあるのか?

「上海科技館駅」編

まず、地下鉄2号線に乗り「上海科技館駅」で降ります。

地下改札と直結した服飾礼品市場があります。

市場の中には、たくさんの小売店が迷路のように並んでいます。


昔は店頭に堂々と偽物が展示してありましたが、現在はほとんど倉庫に隠されているようです。


散策していると「サイフ、カバン、トケイ、ミルダケ!」と寄ってくる呼び込みがやってきました。


呼び込みがグラサンの陳列棚下の引き出しを開けると、スポーツ系クロノグラフウォッチの模造品が隠されていました。

もう少し高級志向の時計はないのか聞いてみると


店の裏から黒いポリ袋を持ってきました。


袋の中から高級時計ロレックス、オメガ、タグホイヤなどのニセモノがうじゃうじゃ出てきました。

もっと!もーっと!高品質なS級品はあるのかい?ないのかい?どっちなんだい?

と問いかけると・・・


俺について来いと、店舗裏に案内され


隠し倉庫に入るよう案内されました。


倉庫の中には、トケイ、カバン、サイフのS級模倣品がぎっしり並んでいました。

【潜入】上海の偽物DVDはどこにあるのか?|2017年版その2

中国がパクリ大国から知財強国へと変貌!?―中国メディア 2017年9月28日、中国メディアの環球網が、中国はものまね大国から知的財産権強国へと変わりつつあると日本メディアが報道したと伝えた。 科学技術 ...

 

試しに腕時計を買ってみた


せっかくなのでデザインが気に入ったニセHUBLOTをひとつ買ってみようと思い、売値を聞くと900元(約15,000円)と吹っ掛けてきました。

粘り強い交渉の末?150元(約2,500円)で折り合いました。

 

本当にこんなモデルあるの?

本当にこんなデザインのHUBLOTがあるのかネットで検索してみると...

あった!!!

世界限定250本のマラドーナモデルのようで、参考価格がなんと150万円!!

専門家が見ればニセモノだとわかるかもしれませんが、素人目にはかなり精巧に作られている印象です。

なんとなくアリババ馬会長の言ったことも、あながち間違ってはいないと感じました。

アリババ馬会長の「偽物は本物より高品質」発言が物議
中国の電子商取引(EC)最大手のアリババ集団は、傘下のECサイトでの昨年度(2016年3月期)の総取引額が約52兆円にも達し、今や世界最大の流通企業だ。しかし、そのショッピングモールで扱われている商品には、ブランド品などの偽物が少なくないというのが定評だ。アリババはそのイメージを拭い去るべく、偽物排除の取り組みを行っているが、道はまだ遠いようだ。そんな中、アリババの創業者でもある馬雲会長が「最近の偽物は本物以上に高品質、低価格だ」と発言し、話題を呼んだ。

【2019年夏】上海の偽物市場は現在どうなってるのか行ってみた

トランプ政権が中国製品に高関税を課す制裁措置の発端となった知的財産侵害問題。 トランプ政権になってからアメリカ政府は中国の技術模倣、窃取を警戒する一方で、中国の知財保護強化の取り組みは、この2,3年急 ...

中国生活で役立つ記事13選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

5

中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネット検閲システムが全土に網羅されておりインターネットの閲覧や通信が制限されているため、Googleなど一部の海外サービスは遮断され利用 ...

6

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

7

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

8

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

9

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

10

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

11

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

12

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

13

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

-中国偽物事情

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.