中国ライフハック 中国雑記

中国出張で領収書をもらう際「納税識別番号」を聞かれた場合にどう対処する?

2017年9月27日

最近、領収書(发票)の発行について相談されることが良くあります。

内容は・・・「会社名の領収証をもらおうとしたら、納税番号が無いともらえなかった」というものです。

2017年7月1日施行の「关于增值税发票开具有关问题的公告(国家税务总局公告2017年第16号)|増値税の領収書発行に関する問題についての公告」では、納税者識別番号もしくは統一社会信用コードを領収書に記入しなければならなくなりました。


虹橋のラーメン屋で見かけた領収書についての貼紙

中国に現地法人のない出張者は領収書をもらえないということなのか?

結論から言えば「国外企業へ発行する領収書には納税識別番号の記入は必要ない」ようです。

中国税務報の「普通の領収書に納税識別番号の記入が必要ない5つのケース」によれば、④で「顧客が海外企業で番号が無い場合、輸出企業の領収書はどのように発行すればよいか?」という質問に対して「購入方が海外顧客の場合、納税識別番号の記入は必要ない」と記載されています。

また、ネットを検索してみたところ

「开具发票给境外公司需要填写购买方的纳税人识别号或统一社会信用代码吗?|海外企業へ発行する領収書にも納税者識別番号もしくは統一社会信用コードの記入が必要か?」

という質問に対して

「因为境外公司不属于上述企业范围,也没有税号或统一社会信用代码,因此开具发票给境外公司可以不用填写购买方的纳税人识别号或统一社会信用代码|海外企業は本公告で述べている企業範囲外であり、納税番号も統一社会信用コードもないため、海外企業へ発行する領収書への納税人識別番号もしくは統一社会信用コードの記入は必要ない」という厦門国税の回答が記載されていました。

 

それでも領収書がもらえない場合の対処法

たとえ海外企業向けの領収書に納税番号が必要ないということが中国の税法上は問題無いとはいっても、実際に領収書を発行する飲食店のレジの人間がこの問題を理解しているケースはほとんどありません。

ボクが紹介する対処方法は以下の2つです。(自己責任でお願いします)

①社名ではなく個人で領収書を発行してもらう

発行してもらえないよりマシなので「个人(ge ren)」、個人として発行してもらいましょう。

「给我发票,个人的。」

 

②どうしても領収書を発行してもらいたい場合

日本の会社の経理がうるさくて、どうしても会社名で領収書が欲しいというケースもあるようなので、そんな場合は・・・

「テキトーに15桁の数字を書いて渡す。」

どうやら領収書を発行する端末と国税局の端末がリンクしている訳ではなさそうなので、テキトーな数字を言っても発行してもらえます。(今のところすべて成功しています)

そうは言っても真面目な日本人にとって、領収書にテキトーな数字を伝えるというのも意外に抵抗感を感じるものです。

なので、ボクの場合は「日本の国税庁の法人番号」を記載するようにしています。

 

注意点としては、日本の法人番号は13桁で中国の納税番号より2桁少ないので頭に00をつけて対応しています。

※上記はすべて個人的な対処法ですので、あくまで自己責任で参考程度としてください。

中国生活で役立つ記事13選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

5

中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネット検閲システムが全土に網羅されておりインターネットの閲覧や通信が制限されているため、Googleなど一部の海外サービスは遮断され利用 ...

6

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

7

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

8

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

9

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

10

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

11

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

12

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

13

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

-中国ライフハック, 中国雑記

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.