WeChat 中国アプリ

【中国アプリ】WeChat(微信、weixin、ウィーチャット)とは?登録方法・使い方について解説!

投稿日:2018年1月1日 更新日:

中国の大人気アプリWeChat(微信、weixin、ウィーチャット)の概要から登録方法、使い方まで誰でもわかるように解説して紹介していきます。

WeChat(微信)とは?

WeChatは、Tencent(テンセント・騰訊)が2011年にリリースした中国最大人気のコミュニケーションツールです。

初期の基本機能は文字や音声、写真や動画を送受信できるチャット機能と無料通話機能でしたが、ゲームや音楽などのエンターテイメント、ニュースメディア、からモバイルペイメントの「WeChatPay」など、あらゆるサービスをワンストップにしてポータル化がものすごい速さで進化しています。

 

WeChatとLINEの違いは?

日本人にWeChatを説明する場合「中国版LINE」という言い方が一番わかりやすいかと思います。

メッセージ、通話、ビデオ通話、ボイスメッセージ機能といった基本機能に大きな違いはありませんが、WeChatはメッセージに「既読」が付かないというのが違う点です。

最近では日本でも「LINE Pay」が徐々に浸透しつつありますが、WeChat内のモバイルペイメント機能の「WeChatPay」は、自分の銀行口座と紐づけることで、QRコードのスキャンによって買い物や公共料金、コンビニなどで支払いなどを行うことができ、もはや中国生活において必要不可欠なアイテムと言っても過言ではありません。

 

WeChatの運営企業

Tencent(テンセント・騰訊)

WeChatの運営企業「Tencent(テンセント・騰訊)」は、1998年に馬化騰(PONY MA)が中国の深セン市で創業し、インスタントメッセンジャー「QQ」の提供・運営を開始しました。その後、「WeChatの父」と呼ばれるALLEN ZHANG(張小龍)が中心となってWeChatを開発し、2011年にサービスを開始しました。

Tencent社の自社ビル


2009年深セン市南山区に「騰訊大廈」という39階建ての自社ビルを建設、その後上海と成都にも自社ビル「騰訊大廈」が建設されています。2017年には新たに深セン市に50階建ての「騰訊濱海大廈」(上写真)を建設し本社を移しました。

Tencent社のCEO


2017年現在、Tencent社のCEOは創業者の馬化騰(PONY MA)で、1971年生まれの46歳で純資産は500億ドル超です。

Tencent社の組織

Tencent社の組織はインタラクティブエンタテインメント、オンラインメディア、モバイルインターネット、ソーシャルネットワーキング、コーポレートデベロップメント、ウェイシン、テクノロジー&エンジニアリングの7つの事業グループに分かれています。

Tencent社が運営&提携する主要サービス

モバイルペイメント:WeChatPay(微信支付)

Eコマース:JD.com(京东)

ソーシャル:WeChat(微信)

ブラウザー:QQブラウザー(QQ浏览器)

ビデオ:Tencent Video(腾讯视频)

小売:YONGHUI、CARREFOUR

クラウド:TENCENT CLOUD

バイクシェアリング:MOBIKE

 

WeChatのユーザー数は?

2017年12月時点でのWeChatの月あたりのアクティブユーザー数は9億8千万人です。

 

WeChatのアカウント登録方法

まず「WeChat」もしくは「微信」で検索しアプリをダウンロードします。

アプリを開くと携帯番号入力画面が出てきます。

携帯番号を入力すると、SMSで確認コードが送信されます。

送られてきた確認コードを入力し「送信」を押します。

※SMSが来ない場合は、電話で通知を選ぶこともできます。(音質が悪いので要注意です)

 

氏名を入力し「次へ」を押せば、ひとまずアカウントの登録完了です。

あらかじめ「マイアカウント」画面で「Wechat ID」と「パスワード」などを設定しておいた方が便利です。

「本人」>「設定」>「マイアカウント」から

 

 

【2018年最新版】日本でWeChatPay微信支付を開設する方法

WeChatPay(微信支付)とは? 中国一のダウンロード数を誇るWeChat(微信)に紐づいたモバイル決済サービスです。利用者は3.6億人以上です。中国人観光客のインバウンド需要を取り込むべく、徐々 ...

-WeChat, 中国アプリ

Copyright© 中華ライフハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.