WeChat 中国アプリ

【中国アプリ】WeChat(微信、weixin、ウィーチャット)とは?登録方法・使い方について解説!

2018年1月1日

中国の大人気アプリWeChat(微信、weixin、ウィーチャット)の概要から登録方法、使い方まで誰でもわかるように解説して紹介していきます。

WeChat(微信)とは?

WeChatは、Tencent(テンセント・騰訊)が2011年にリリースした中国最大人気のコミュニケーションツールです。

初期の基本機能は文字や音声、写真や動画を送受信できるチャット機能と無料通話機能でしたが、ゲームや音楽などのエンターテイメント、ニュースメディア、からモバイルペイメントの「WeChatPay」など、あらゆるサービスをワンストップにしてポータル化がものすごい速さで進化しています。

 

WeChatとLINEの違いは?

日本人にWeChatを説明する場合「中国版LINE」という言い方が一番わかりやすいかと思います。

メッセージ、通話、ビデオ通話、ボイスメッセージ機能といった基本機能に大きな違いはありませんが、WeChatはメッセージに「既読」が付かないというのが違う点です。

最近では日本でも「LINE Pay」が徐々に浸透しつつありますが、WeChat内のモバイルペイメント機能の「WeChatPay」は、自分の銀行口座と紐づけることで、QRコードのスキャンによって買い物や公共料金、コンビニなどで支払いなどを行うことができ、もはや中国生活において必要不可欠なアイテムと言っても過言ではありません。

 

WeChatの運営企業

Tencent(テンセント・騰訊)

WeChatの運営企業「Tencent(テンセント・騰訊)」は、1998年に馬化騰(PONY MA)が中国の深セン市で創業し、インスタントメッセンジャー「QQ」の提供・運営を開始しました。その後、「WeChatの父」と呼ばれるALLEN ZHANG(張小龍)が中心となってWeChatを開発し、2011年にサービスを開始しました。

Tencent社の自社ビル


2009年深セン市南山区に「騰訊大廈」という39階建ての自社ビルを建設、その後上海と成都にも自社ビル「騰訊大廈」が建設されています。2017年には新たに深セン市に50階建ての「騰訊濱海大廈」(上写真)を建設し本社を移しました。

Tencent社のCEO

2017年現在、Tencent社のCEOは創業者の馬化騰(PONY MA)で、1971年生まれの46歳で純資産は500億ドル超です。

Tencent社の組織

Tencent社の組織はインタラクティブエンタテインメント、オンラインメディア、モバイルインターネット、ソーシャルネットワーキング、コーポレートデベロップメント、ウェイシン、テクノロジー&エンジニアリングの7つの事業グループに分かれています。

Tencent社が運営&提携する主要サービス

  • モバイルペイメント:WeChatPay(微信支付)
  • Eコマース:JD.com(京东)
  • ソーシャル:WeChat(微信)
  • ブラウザー:QQブラウザー(QQ浏览器)
  • ビデオ:Tencent Video(腾讯视频)
  • 小売:YONGHUI、CARREFOUR
  • クラウド:TENCENT CLOUD
  • バイクシェアリング:MOBIKE

 

WeChatのユーザー数は?

2017年12月時点でのWeChatの月あたりのアクティブユーザー数は9億8千万人です。

 

WeChat登録方法

WeChat

WeChat

WeChatposted withアプリーチ

まずはWeChatアプリをダウンロードしましょう。

 

WeChatのアカウント登録方法

アプリを起動すると登録画面が表示されます。

入力項目

  • 「氏名」本名でなくてもOK
  • 「地域」携帯電話キャリアの地域を選択
  • 「携帯番号」最初の”0”は省きます
  • 「パスワード」任意でOK

以上を入力したらプライバシー保護の概要画面の「次へ」をプッシュします。

セキュリティチェック

セキュリティチェック画面に切替わったら「開始」をプッシュします。

パズルのピースをスライドさせればOKです。

SMS認証

しばらくすると携帯電話端末に4桁の認証コードが送られてきます。

4桁の確認コードを入力し「送信」しましょう。

登録完了

「WeChatへようこそ!」のチャット画面に切替わればアカウント登録成功です。

 

WeChatの各種機能

チャットの便利機能

WeChat(微信・Weixin)では、文字や音声によるメッセージ機能が最も多く利用されています。

テンセント社は1998年11月に設立され、当初はインスタントメッセンジャーアプリ「QQ」を開発してきました。WeChatのチャット機能は、長年「QQ」で培ったノウハウの発展型として非常に使い易い仕様になっています。

はじめてのWeChat|中国が話せなくても会話可能なWeChat(微信)翻訳機能の使い方

WeChat(微信)は中国で生活する上で必要不可欠なアプリです。日本のメディアなどでは、よく「中国版LINE」という表現で紹介されますが、仕事のアポイント・打合せ・資料送付など日本人ならEmailで行 ...

WeChat(微信)リマインダー機能の活用方法

日本ではLINEを使ってビジネス案件をやり取りすることは少ないですが、中国では、WeChat(微信)で仕事のアポイントや資料のやり取りするのが一般的です。 WeChat(微信)上でのビジネスのやり取り ...

モバイル決済機能

WeChatPay(微信支付)はWeChat(微信・Weixin)に紐づいたモバイル決済サービスです。

【2019年最新まとめ】日本人がWeChatPay(微信支付)を開設する方法

最新情報 ⬇︎2020年の最新情報をご覧ください WeChatPay(微信支付)とは? 中国一のダウンロード数を誇るWeChat(微信)に紐づいたモバイル決済サービスです。2018年のW ...

ミニプログラムとは

ミニプログラムとはそれぞれのアプリをインストールしなくてもWeChatの中で使えるアプリのことです。

中国生活で役立つ記事10選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-WeChat, 中国アプリ

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.