中国雑記

中国の超特急|時速4000km!「飛鉄」は北京〜深セン間をわずか30分で移動できるらしい

2018年1月21日


中国航天科工集団公司が真剣に開発しているというのが、最大速度時速4000㎞の真空チューブ式リニアモーターカー「高速飛行列車(略称:飛鉄)」です。

時速4000㎞というと高鉄の10倍、民間航空機の5倍のスピードで、北京~天津が3分、北京~上海が20分、北京~深センが30分で移動可能になります。


外観はこんな感じです。リニアモーターカー同様、車両の超電導磁石の反発する力により前進します。


リニアモーターカーの原理に加え、真空チューブにより空気抵抗がなくなり時速4000㎞という速度が可能となるようです。

今後の計画は、2020年までに基本的な技術を確立し交通網を整備し、2027年までに時速2000㎞の飛鉄が主要都市を結ぶことを目指すようです。2027年といえば品川~大阪のリニアモーターカーが開通予定の年です。

中国生活で役立つ記事10選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-中国雑記

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.