備忘録

【写真付き解説】深セン湾口岸から深セン湾体育館へのアクセス方法

更新日:

香港から「深セン湾体育館」へ行く場合、最寄りのイミグレは「深セン湾口岸」です。

「深セン湾口岸」のイミグレを通過してから「深セン湾体育館」までの行き方を解説します。

タクシーで行く方法


「深セン湾口岸」の深セン側出口です。

 


イミグレを出たら「往深圳↑TO SHENZHEN」の看板に沿って進みます。

 


しばらくまっすぐ進みます。

 


深セン湾口岸の敷地から出る手前の看板で「的士(TAXI)」の矢印の指す方向に進みます。タケノコの形をしたビルに向かって右側方向です。

 


「的士上客区(TAXI Departure Area)」の標識の方向に進みます。

 


タクシー待ちの行列に並びます。結構回転は速いです。

タクシーに乗ったら「深圳湾体育館」と言うか、書いたメモかスマホの画面を見せましょう。

 


百度地図のルート案内によると、通常なら10分もかからないですが、周辺一帯が開発工事をしている関係で迂回ルートで約15分程度で到着します。

「深セン湾口岸」から「深セン湾体育館」までは約5キロと近いので、タクシーの運転手によってはあからさまに嫌な態度をしたり、最悪のケースでは乗車拒否を言ってくる可能性もあるので要注意です。

 

徒歩で行く方法

「深セン湾口岸」から「深セン湾体育館」まで徒歩で行く場合、最短ルートでも約2.5キロと近く徒歩でも30分強で到着します。時間があるならば、徒歩で行くのも良いでしょう。

 


徒歩で行く場合は、タケノコ型ビルを目指して進みましょう。ちなみに、このタケノコ型ビルは「华润春笋(華潤の春のタケノコ)」と呼ばれ、華潤集団という会社の総本部のビルです。2018年3月現在ではまだ建設途中です。

 


タケノコ型ビルの道を挟んですぐ近くに「深セン湾体育館」はあります。

-備忘録

Copyright© 中華ライフハック , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.