華流芸スポ

中国プロボクシング|中国現役最強のボクサーは誰か!?中国PFPランキング・トップ10を紹介

投稿日:2018年5月7日 更新日:

そもそも10数年前まで中国にプロボクシングという競技は存在せず、選手にとっての最終目標はオリンピックでした。それが、経済の発展とともにボクシング団体やプロモーターたちが中国市場に目を付け始め、それを後押しするように習近平主席が”我年轻时练过拳击”(若いころボクシングをやっていた)などど発言してから、中国では本格的なボクシングブームが到来しはじめました。最近では、プロボクシングの各団体(WBA、WBC、WBO、IBFなど)がこぞって中国市場をターゲットにしたローカル王座を量産しはじめています。

そんな今熱い中国プロボクシング界の現役ボクサーパウンドフォーパウンドのランキングトップ10を「拳击时空」というメディアが発表したので紹介したいと思います。

中国現役プロボクサートップ10は

※2018年4月発表のランキングです。

第10位 叶列恰提・尼合买托拉

現WBCアジアバンタム級チャンピオン

13勝0敗1分5KO

チベットウイグル自治区出身

写真は今どきの若者らしいルックスですが、8歳の時に両親に捨てられた後、祖父母に育てられ、18歳の時にプロボクサーになるためチベットから雲南省に渡ったという苦労人のようです。ニックネームは「叶胜」という21歳の若者です。

 

第9位 孙想想

現IBF B&R地区ライト級トーナメントチャンピオン

14勝14敗10KO

1992年生まれ山東省出身

2017年にIBFが中国市場をターゲットに新設した「IBF Belt&Road Region」という10数か国が加盟する地区のライト級チャンピオンです。

 

第8位 吕斌

WBC傘下ABCOジュニアフライ級チャンピオン

1戦1勝1KO

1994年生まれ、浙江省出身

リオ五輪に出場しベスト16の試合で疑惑の判定負け、2018年7月にWBAの世界戦に挑戦予定。

 

第7位 祖力皮卡尔・买买提艾力

現WBAアジアスーパーミドル級チャンピオン

10勝1敗1分7KO

チベットウイグル自治区出身

チベット出身のハードパンチャーで、2015年のデビュー以来ド派手なKOで勝利を重ねています。

 

第6位 吴国权

現CBCUスーパーミドル級チャンピオン

12戦12勝7KO

マカオ出身

CBCU(中国プロボクシングクラブ連盟)のミドル級チャンピオン、マカオ理工大学在学中にプロ転向。

 

第5位 孟繁龙

現IBF B&R地区ライトヘビー級チャンピオン

12戦12勝7KO

1989年生まれ内モンゴル出身

身長190センチから繰り出されるハードパンチは圧巻。

 

第4位 熊朝忠

前WBCフライ級チャンピオン

27勝7敗1分14KO

1982年生まれ

2006年にプロデビューした中国初のプロボクサーで、現在の中国ボクシング界の礎を築いたベテラン。2012年にWBCミニマム級王座を奪取、その後3度の防衛、今なお現役で活躍するレジェンド。高校1年で退学し毎日10時間以上炭鉱で働きながら家族を養ったという苦労人。

 

第3位 邹市明

前WBOフライ級チャンピオン

9勝2敗2KO

1981年生まれ、貴州省出身

2008年北京オリンピック48㎏級、2012年ロンドンオリンピック49㎏級で金メダルを獲得した中国ボクシング界の英雄。2013年にボブ・アラムと契約しプロ転向。2016年にWBOフライ級チャンピオンを獲得、2017年に木村翔選手に敗れ王座陥落しました。

 

第2位 曹星如

現WBO世界スーパーフライ級チャンピオン

22戦22勝13KO

1987年生まれ、香港出身

2011年プロデビュー以後負けなしのサウスポー。2017年には河野公平選手に勝利し王座防衛を果たしています。

 

第1位 张君龙

現WBAオセアニアヘビー級チャンピオン

19戦19勝19KO

1981年生まれ、山東省出身

2012年プロデビュー、中国重量級プロボクサーの第一人者。KO率100%で2016年にWBA傘下のWBAオセアニアのヘビー級チャンピオンを奪取。一見プヨプヨした体形なんですが軽快なフットワークでたたみかける連打が特徴的です。世界ヘビー級王者になる日は来るのでしょうか。

-華流芸スポ

Copyright© 中華ライフハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.