中国動画視聴

【中国出張】ロシアワールドカップ2018全試合を中国滞在中に生中継で視聴する方法

2018年6月10日

楽しみにしていたサッカーロシアワールドカップ2018日本戦の当日に、会社から中国出張を命じられてしまったというビジネスマンの方も少なくないのではと思います。中国はワールドカップ本大会に出場できないので試合の生中継は無いのではないか?生中継したとしてもブラジルやアルゼンチンなどの強豪国のみの放映で、日本戦の生中継は無いのではないか?と言った疑問や不安について調査してみました。

【中国彩票】ロシアワールドカップ2018「日本vsセネガル」戦のサッカーくじのオッズは?

本来なら、知り合いの中国人にお願いして「日本vsセネガル」の彩票を購入しようと画策していたのですが、残念ながらネット販売が中止になったということで、日本戦は真面目に観戦しようと思います。 ネット販売は ...

中国におけるワールドカップ放映権


ロシアワールドカップ2018
全試合の放映権は、中国国営放送のCCTVが獲得しました。よって、現地のテレビでCCTV-5へチャンネルを合わせれば全試合を無料で視聴可能です。

 

スマホ・タブレットでの視聴も可能


もし外出や移動中などでテレビが無い環境にいる場合、CCTVアプリをダウンロードしておけば、スマホでストリーミング中継を視聴することができるようです。

CCTVは中国人向けの放映なので、「好球!」「漂亮!」といった中国語の実況と解説による視聴になるのが、若干気になる点です。

 

日本語の実況と解説を聞きたい場合

日本語の実況と解説を聞きながら試合を観戦したい場合、DAZNなどの動画配信サービスはワールドカップの放映権を獲得していないので、”何とか自力で”NHKと民放テレビ局による放送を視聴するしか無さそうです。

自力で視聴する手順(想定)

当日にならないと本当に視聴できるかどうかは不透明な方法ですが、現時点でボクが想定する”自力で”日本語実況のワールドカップの試合を生中継で視聴する方法を記載します。

①VPN接続

まずは、VPNに接続します。もしはじめてVPNサービスを利用するならば、最大2ヶ月無料体験ができるセカイVPNをオススメします。

 

②ライブストリーミングチャンネルを探す

SNSなどを駆使し、”自力で”動画配信サービスで日本の放送をライブ配信しているチャンネルを探します。

【2018年版】中国でYouTube(ユーチューブ)を利用する方法を解説

いまや中国旅行や中国出張での最大の関心事といえば「中国のネット規制問題」です! 中国一の観光名所と言えば“The Great Wall”こと「万里の長城」ですが、中国のインターネットにも「金盾」と呼ば ...

モンスター井上尚弥vsマクドネルのボクシング世界戦を中国で視聴してみたところ・・・

ボクシングファンのボクは、5月25日に行われたモンスター井上尚弥vs10年間無敗のWBA世界バンタム級王者ジェームス・マクドネルの試合を非常に楽しみにしていたのですが、あいにく中国湖北省に出張中でした ...

 

VPN接続で動画配信に耐えうる通信スピードを保持できるのか?

サッカーは選手やボールの動きが早いので、せっかく視聴できてもクリアな画質でないと楽しめませんよね。通信スピードを重視したいならば、以下のVPNサービスもオススメです。

UCSSShadowsocksという独自の中国のグレートファイヤーウォールを突破することを目的に開発されたプロキシで、インターネット規制のある地域から安全で高速にインターネットへ接続することが可能です。通常のVPNを使っている場合、中国国内サイトのアクセスが出来ないもしくは速度が低下しますが、Shadowsocksの場合は接続速度が速くストレスフリーで、動画視聴に適しています

デメリットは「無料お試し期間がない」「契約は最短で3ヶ月~、US$33.00~」「初回利用時のセッティング方法が少し煩雑」という点が挙げられますが、どうしても快適にワールドカップを視聴したい!という思いがあるならば享受できないデメリットではありません。

中国でNetflixを視聴したい場合にVPN選びはどうすれば良いのか?

2017年の7月から、Netflixなど大手動画配信サイトがVPNやプロキシからのアクセスをブロックする経営方針を発表し、多くのVPNがブロックされてNetflixが視聴出来なくなりました。 ただでさ ...

 

アナログな”自力”視聴方法


日本戦の試合開始はちょっと夜遅い時間帯ですが、上海など滞在日本人の多い大都市なら日式居酒屋日式BARでワールドカップの日本戦を視聴できるお店も多くあると思います。また、もし身近に日本のテレビが視聴できるチューナーを持っている日本人駐在員がいるならば、その人の家で一緒に視聴する方法もあります。

中国生活で役立つ記事13選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

5

中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネット検閲システムが全土に網羅されておりインターネットの閲覧や通信が制限されているため、Googleなど一部の海外サービスは遮断され利用 ...

6

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

7

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

8

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

9

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

10

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

11

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

12

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

13

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

-中国動画視聴

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.