WeChat 中国アプリ 中国語

GoogleがWeChatミニプログラムに公開した「猜画小歌」というAIお絵描き判定ゲームが中国語の勉強に使えそう

更新日:


GoogleがはじめてWeChatミニプログラムに「猜画小歌」というAIお絵描き判定ゲームを公開しました。ご存知の通りGoogle関連のサービスは中国政府によって完全に規制されているのですが、今回はWeChatのアプリの中のサービス(ミニプログラム・小程序)としてAIお絵描き判定ゲームを公開しました。Googleは元々、「Quick, Draw!」という名称で2016年に公開していたAIお絵描き判定ゲームを中国語化してWeChatのミニプログラム向けに開発し直したようです。

遊び方

WeChatのミニプログラムで「猜画小歌」を検索します。

Wechatのミニプログラムが表示されない場合に読んでください

Wechatミニプログラムとは? ミニプログラムとはWechatアプリの中に構築されたアプリです。   ミニプログラムはどこに表示されるの? 通常は「発見」メニューの最下部に「ミニプログラム ...

続きを見る

お題の絵を20秒以内に描いて人工知能に当てさせる非常に簡単なお絵描きゲームです。

①プレイヤーは、出題された単語を元にスマホの画面に絵を描きます。

②AIはプレイヤーが描いた画像から推測される物を次々と回答していきます。

③AIが正解を言い当てると次の問題へ進みます。

④正解が出ずに20秒が経過するとゲームオーバーとなります。

 

中国語の勉強に使えそう

「蝙蝠・胳膊・拖拉机・燃气灶・犀牛・热狗・长凳・顶链・哑铃」

↑これらの中国語の意味がすべてわかるでしょうか?

このゲームは正解を重ねていくと徐々にレベルアップしていくのですが、レベル10ぐらいから「お題」の中国語の単語が相当難しくなっていきます。(すべての単語を調べていませんが、体感ではHSK6級以上のレベルだと思います)

お題の絵を描く前に、お題の意味が分からない単語がたくさん出てくるので、中国語の単語と物体のイメージを関連付けて効率よく覚えることも出来そうです。

-WeChat, 中国アプリ, 中国語

Copyright© 中華ライフハック , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.