中国IT 備忘録

ブログやサイトに百度地図(Baidu Map)を埋め込む方法

投稿日:2018年8月2日 更新日:

グルメ記事などを配信する際、お店の場所がわかりやすくなるようにGoogle Mapsを埋め込みたいのですが、中国の場合はGoogle規制のため、中国から閲覧するユーザーにはGoogle Mapsの地図が表示されなくなってしまいます。

今回は、ブログにGoogle Mapsの代わりに百度地図を埋め込む方法を解説します。

まずは「Baidu地图 API」のページへ

何もしない初期ページでは、地図のピンは北京の天安門を指しています。

まずは「名称」に適当な名前を入れ、次に「行政区域划分」で地域リストから省もしくは市を選びます。住所が分かっている場合は「街道门址」に入力し「定位到地图」をプッシュすると、その住所にピンが移動します。地図で任意の指定したい所にピンを移動さることもできます。ピンの位置が決まったら、青色のボタン「提交」(提出)をクリックします。

左下部に埋め込みコードが表示されます。

そのままでは、「基础信息」「周边公交」「公交检索框」の余計な情報が入っているので、チェックを外すと地図だけを埋め込むことが出来ます。また、埋め込む地図のサイズ調整も可能です。

左下部の埋め込みコードをコピーしてブログに貼り付ければ完了です。

残念ながら、百度地図(Baidu Map)で埋め込むことができる地域は中国国内のみ(台湾・香港・マカオは対応)です。

-中国IT, 備忘録

Copyright© 中華ライフハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.