中国IoT 中国雑記

ブログやサイトに百度地図(Baidu Map)を埋め込む方法

2018年8月2日

グルメ記事などを配信する際、お店の場所がわかりやすくなるようにGoogle Mapsを埋め込みたいのですが、中国の場合はGoogle規制のため、中国から閲覧するユーザーにはGoogle Mapsの地図が表示されなくなってしまいます。

今回は、ブログにGoogle Mapsの代わりに百度地図を埋め込む方法を解説します。

まずは「Baidu地图 API」のページへ

何もしない初期ページでは、地図のピンは北京の天安門を指しています。

まずは「名称」に適当な名前を入れ、次に「行政区域划分」で地域リストから省もしくは市を選びます。住所が分かっている場合は「街道门址」に入力し「定位到地图」をプッシュすると、その住所にピンが移動します。地図で任意の指定したい所にピンを移動さることもできます。ピンの位置が決まったら、青色のボタン「提交」(提出)をクリックします。

左下部に埋め込みコードが表示されます。

そのままでは、「基础信息」「周边公交」「公交检索框」の余計な情報が入っているので、チェックを外すと地図だけを埋め込むことが出来ます。また、埋め込む地図のサイズ調整も可能です。

左下部の埋め込みコードをコピーしてブログに貼り付ければ完了です。

残念ながら、百度地図(Baidu Map)で埋め込むことができる地域は中国国内のみ(台湾・香港・マカオは対応)です。

中国生活で役立つ記事10選

1

Contents1 WeChatPay(微信支付)とは?2 WeChatPayの最新情報3 WeChatPayアカウント登録方法3.1 まずはWeChatに登録しよう3.2 アカウント情報入力3.3 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-中国IoT, 中国雑記

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.