北京

中国で見た「Namie Amuro x H&M」秋の新作コレクション|ネックレスの転売業者には気を付けて!

2018年8月27日


北京の王府井は常時歩行者天国になっている繁華街であり、平日の昼間でもこの人だかりです。

そんな王府井の歩行者天国を歩いていると、H&Mのショーウインドウに安室ちゃんを発見しました。

どうやら、H&Mとのコラボレーションコレクション「Namie Amuro × H&M」は、日本だけでなく中国のH&Mでも販売されているようです。

H&Mとのコラボレーションコレクション「Namie Amuro × H&M」を発売するのは、2018年4月に次ぐ2度目。安室奈美恵引退前最後のファッション・キャンペーンとなる第2弾では、誰もがリアルに楽しめるモードでグラマーな秋ファッションが提案されるという。カラーはベージュやモノトーンをベースに、トップス、コート、ボトムスといったアイテムが展開される。

早速、H&Mの店内に入ってみます。

店内の一角に「Namie Amuro × H&M」のコーナーがありました。

H&M/安室奈美恵さんコラボ商品に全国1万6000人が行列

日本では8月21日の発売開始日には全国各地のH&Mで行列ができていたようですが、北京のH&Mでは行列もなく、在庫もまだまだ多く残っているようでした。

日中H&Mで価格差は?

ニット
中国:税込み199元 ⇒日本円3,238円
日本:税抜き2,999円⇒税込み3,239円

ストライプパンツ
中国:税込み249元 ⇒日本円4,051円
日本:税抜き3,999円⇒税込み4,318円

為替次第ですが価格差はほぼ無い感じです。

限定ネックレス!?

ふと見まわすと、秒速で完売したと話題の限定ネックレスと思しきものを発見しました!

日本の店舗限定!プレミアムアイテム

ファンからの感謝の気持ちを「MY HERO」という言葉で表現したH&M限定のネックレスは、日本限定で展開される大人気アイテム。1人1点限定で購入可能にもかかわらず、秒速で完売した店舗も目立ちました

Na738Na on Instagram: “HEROネックレス無事Get!!
キャスケットは¥1299なのに、想像以上に可愛くてGood☆
早朝から並んで全力疾走して必死に頑張ったけど…
コートやニットはゴッソリ男の人たちが持って行ったとのことです(TT)
#エイチアンドエム#安室奈美恵#福岡”

北京のH&Mのネックレスをよく見ると「MY HERO」の刻印がありませんし、そもそもネックレスは「日本限定」なので、北京で売っているはずがありません。

コピー品の販売は中国ではよくある話ですが、さすがにH&Mの旗艦店でコピー品を販売している訳でもなさそうです。どうやら、もともとH&Mでは刻印のない同型のネックレスを販売しており、今回の安室奈美恵コラボ品だけ「MY HERO」の刻印をして限定販売しているようです。

転売サイトを見ると、「MY HERO」の刻印なしのネックレスを「NAMIE AMURO X H&M ネックレス」として出品している業者が散見されているので、ご注意ください!

中国生活で役立つ記事15選

1

中国で生活する日本人にとって中国のインターネット規制を回避するための手段として有効なVPNは、もはや ...

2

2021年4月1日に楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」が提供されてから、 ...

3

この記事は、海外赴任で余裕ができた時間を利用して”副業”のブログ運営を考えている駐在員や駐在妻の方々 ...

4

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済 ...

5

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」 ...

6

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple I ...

7

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありません ...

8

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「V ...

9

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタク ...

10

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリ ...

11

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本の ...

12

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットに ...

13

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年 ...

14

最近のAI(人工知能)翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と ...

15

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国で最も普及しているSNSのひとつです。 W ...

-北京

Copyright© 中華ライフハック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.