WeChatPay 中国ライフハック

拼多多|中国移動のプリペイドSIMにクレカ決済でチャージする方法

2018年9月3日

日本の携帯電話を国際ローミングで利用するより、中国でSIMカードを購入してスマホを使う方がはるかにコスパが良いので、中国に長期滞在している日本人のほとんどは中国の携帯電話番号を使用していると思います。

また、日本のネット系サービスは初回登録時にIDとパスワードを設定して利用するのが主流ですが、中国のネット系サービスのほとんどは携帯電話番号へのSMSによる本人認証を採用しているので、中国に長期滞在する者にとって携帯電話番号(SIMカード)は、今やパスポートの次に大切なものと言っても過言ではないかもしれません。

悩ましいのが日本帰国後の料金チャージ

そんな便利でコスパのよい中国の携帯電話ですが、結構悩ましいのが日本帰国後の「SIMカードへの料金チャージ」の問題です。

例えば、中国駐在や留学などを終え日本に帰国する場合や、中国出張族で次回出張まで数ヶ月空くといった場合、帰国前にあらかじめ基本料金数か月分をチャージしておけば、残高がある期間は携帯番号は維持されますが、うっかり残高が底をつき、支払いが滞ると契約解除となり携帯番号が抹消されてしまうケースに陥りやすいので注意が必要です。

そこで今回は、日本から中国移動通信(チャイナモバイル)のSIMカードにチャージする方法をいろいろ試してみました。

日本から中国移動のSIMカードにチャージする方法

中国移動電信アプリからチャージ

中国移動電信(チャイナモバイル)を利用しているならば、アプリからチャージできることはご存知だと思います。

チャイナモバイルアプリからのチャージは、銀行キャッシュカード、WeChatPay(微信支付)、Alipay(支付宝)、銀聯クレジットカードの4種類に対応しています。

但し、この方法では中国の銀行口座もしくはWeChatPay(微信支付)、Alipay(支付宝)の残高が底を尽きれば支払いが滞ってしまいます。

 

通販アプリでチャージする方法

実は中国通販大手のECサイトの淘宝(Taobao)や京東(JD.com)などではSIMカードへのチャージも商品として販売しています。これら大手通販ECサイトでは国際クレジットカードも使えるので、日本から中国のSIMカードへのチャージが可能となのです。

例えば淘宝(Taobao)で”充値”と検索すると携帯電話にチャージするサービスの商品が出てきます。

 

「拼多多」で国際クレジットカードを使ってチャージしてみた

「拼多多」とは

拼多多(ピンドォドォ)は上海に拠点を置く会社で、「WeChatとの連携」「共同購入」「格安」の特徴を前面にプロモーションし、2015年9月に設立されてからわずか一年で淘宝(Taobao)と京東(JD.com)に次ぐ中国第3位の規模にまで成長した今最も勢いのあるECサイトです。

 

拼多多によるチャージ方法

まずはアプリをダウンロードします。

 

まずは「WeChatとの連携」をするため「微信登録」のボタンをプッシュします。

 

WeChatが起動したら「ログイン確認」をプッシュすれば登録完了です。

 

次に、拼多多のトップページから検索ボタンをプッシュします。

 

”充値”で検索し、条件の合うチャージサービスを選びます。

 

購入するサービスが決まったら「单独购买(単独購入)」「发起拼单(共同購入)」を選びます。

「发起拼单(共同購入)」がこのサイトの特徴で、共同購入により価格は安くなりますが、共同購入者が現れるまで売買は成立しないので「单独购买(単独購入)」より時間がかかります。24時間共同購入者が現れないと注文はキャンセルになります。

 

WeChatPayでの支払い画面に進み、国際クレジットカードを選択して決済します。

 

WeChatPayに登録したJCBカードで支払いに成功のアナウンスが来ます。

 

約10分後に、50元分チャージされたというSMSが届きました。

本記事の内容は、成功例のひとつとして情報を掲載しておりますが、ご利用になる環境や条件などによってはご利用できない可能性もあります。また、掲載された内容に基づいて生じた損害などに関しては一切の責任を負いかねますので、自己責任でお願いいたします。

中国生活で役立つ記事13選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

5

中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネット検閲システムが全土に網羅されておりインターネットの閲覧や通信が制限されているため、Googleなど一部の海外サービスは遮断され利用 ...

6

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

7

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

8

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

9

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

10

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

11

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

12

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

13

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

-WeChatPay, 中国ライフハック

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.