AliPay WeChat 中国IoT

モバイル決済先進国|中国のスマホ決済普及率98%は本当か?

2018年10月15日

中国のモバイル決済といえば、「WeChatPay」(微信支付)「Alipay」(支付宝)で、急速にスマートフォンを使ったモバイル決済が浸透しています。

最近では、訪日中国人のインバウンド需要獲得のため、「WeChatPay」(微信支付)「Alipay」(支付宝)によるスマホ決済の導入店舗は増加しています。


羽田空港では、ドリンクの自動販売機も、中国のモバイル決済「WeChatPay」(微信支付)「Alipay」(支付宝)対応になっています。

 

中国モバイル決済の利用方法

中国の決済システムですが、日本にいながらも登録は可能なので、中国に旅行や出張で行く機会があるならば前もって登録しておくことをお勧めします。(条件によっては登録できないケースもあるようです)

WeChatPay(微信支付)

【2018年最新版】日本でWeChatPay微信支付を開設する方法

最新情報 ⬇︎2020年の最新情報をご覧ください WeChatPay(微信支付)とは? 中国一のダウンロード数を誇るWeChat(微信)に紐づいたモバイル決済サービスです。利用者は3.6 ...

続きを見る

Alipay(支付宝)

中国に銀行口座が無くても大丈夫!日本でAliPay(アリペイ/支付宝)を開設する方法

↓↓↓最新のAlipay登録方法まとめ AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供し、4.5億人の中国人が利用するWeChatPayを凌 ...

続きを見る

注意!!日本のコンビニやデパートのレジにも「WeChatPay」(微信支付)「Alipay」(支付宝)が利用できるという表示がされていますが、中国の身分証を登録しなければ、日本国内の店舗では支払いできないのでご注意ください。

 

中国のモバイル決済普及率98%は本当か?

最近では、中国の急速なモバイル決済の浸透について様々なメディアが取り上げるようになりましたね。

中国ではモバイル決済普及率98%。2年後にオリンピックを控える日本は…… | ハーバー・ビジネス・オンライン
中国ではモバイル決済普及率98%。2年後にオリンピックを控える日本は…… | ハーバー・ビジネス・オンライン

携帯電話でお金が支払える「モバイル決済」。日本ではモバイルSuicaやアップルペイがよく知られ、電子マネーの年間利用額は399億ドル(’15年)と世界一を誇る。だが、昨年の日銀の発表によれば、モバイル ...

続きを見る

スマホ決済"日本6%中国98%"格差の理由 もはや日本は遅れている | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
スマホ決済"日本6%中国98%"格差の理由 もはや日本は遅れている | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

携帯電話でお金が支払えるモバイル決済。日本銀行は今年6月のレポートで、日本での利用率が6.0%なのに対し、中国は98.3%だと書いた。なぜ中国はモバイル決済の先進国になったのか。そして世界一だったはず ...

続きを見る

私自身も中国で仕事をしていて、確実にモバイル決済は急速かつ広範囲に普及していると思いますが、さすがに普及率”98%”というのは行き過ぎた表現じゃないかなと感じました。

モバイル決済の普及は地域による格差とユーザーの年齢層による格差があるので、98%というデータには違和感を覚えました。

上記メディアが根拠としている情報ソースはどちらも「日本銀行の調査レポート」と記述されていました。

http://www.boj.or.jp/research/brp/psr/psrb170620.htm/
http://www.boj.or.jp/research/brp/psr/psrb170620.htm/

続きを見る

確かに日銀のWebサイトには「モバイル決済の現状と課題」というレポートがありました。

モバイル決済利用率98.3%というデータは「都市部の消費者を対象に実施された調査」であり、「2016年5月の報道」が出所だと判明しました。

「2016年5月の報道」について調べたところ

中国都市部はキャッシュレス社会へ--人民網日本語版--人民日報
中国都市部はキャッシュレス社会へ--人民網日本語版--人民日報

中国の都市部の飲食店では、現金ではなく、スマホで会計を済ませる人が増加している。このことは、モバイル決済プラットホームが急速に普及していることを反映しており、都市部でのクレジットカードによる決済の段階 ...

続きを見る

ソースは人民網日本語版の報道でした。

中国の都市部の消費者1000人を対象に実施された調査によると、回答者の98.3%が、過去3カ月の間にモバイル決済プラットホームを「利用した」と答えた。よく利用する決済プラットホームで最も多かったのは支付宝で79.5%。クレジットカードの45.5%、デビットカードの30%を大きく上回り、現金の79%をさえ上回った。また、26%が「微信支付」を選んだ。

人民網日本語版の報道内容には、都市部の1000人に対する調査であり、中国全体での統計ではないことが明確に記述されていました。

情報が溢れているネット社会で、情報ソースに「日銀調査」と記述されているとかなり信憑性があるように感じてしまいますが、日銀の調査も報道を引用していて、その日銀の調査がさらに引用されると、ちょっとニュアンスが変わってしまうものなのですね。

中国生活で役立つ記事10選

1

Contents1 WeChatPay(微信支付)とは?2 WeChatPayの最新情報3 WeChatPayアカウント登録方法3.1 まずはWeChatに登録しよう3.2 アカウント情報入力3.3 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-AliPay, WeChat, 中国IoT

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.