中国雑記

言論統制?中国の出版大改革で書籍発行部数が三分の一になる!?

2018年10月30日

長らく出版不況が続く日本では、出版業界=オワコンのような、かなりネガティブなイメージがありますが、中国の出版関係者と話をすると、業績については今のところ、そこまで深刻ではない印象です。

WeChatPay(微信支付)やAlipay(支付宝)など、決済手段はほぼ電子化され日本の先を行く中国なので、てっきり書籍の電子化もかなり浸透していると思っていたので意外でした。

中国ではモバイル決済普及率98%。2年後にオリンピックを控える日本は…… | ハーバー・ビジネス・オンライン
中国ではモバイル決済普及率98%。2年後にオリンピックを控える日本は…… | ハーバー・ビジネス・オンライン

携帯電話でお金が支払える「モバイル決済」。日本ではモバイルSuicaやアップルペイがよく知られ、電子マネーの年間利用額は399億ドル(’15年)と世界一を誇る。だが、昨年の日銀の発表によれば、モバイル ...

続きを見る

出版関連のデータを調べてみると、中国ではむしろネット販売の普及によって書籍小売り市場の規模は拡大しているようです。

・中国出版市場調査(ジェトロ)より

中国の書籍小売り市場は堅調とはいえ、中国人の読書量は年間平均4.66冊と世界的にも低水準なので、まだまだ伸びしろがあるのだと思います。

中国、2017年の成人の読書量は平均4.66冊 最新調査--人民網日本語版--人民日報
中国、2017年の成人の読書量は平均4.66冊 最新調査--人民網日本語版--人民日報

中国新聞出版研究院が18日に北京で発表した第15回全国国民読書調査報告によると、2017年、中国の成人の読書量(紙の書籍)は平均4.66冊だった。また、「オーディオブック」が急成長しており、一人当たり ...

続きを見る

書籍好調といえば、たしかに上海などの大都市では日本の蔦屋書店のようなカフェやギャラリーを併設するおしゃれな書店が物凄い勢いで増えており、休日になると多く人々でにぎわっています。

中国人は裕福になって読書家が増えているのは間違いないと思います。

年収と読書の関係…お金持ちに読書家が多い理由 | テンミニッツTV
年収と読書の関係…お金持ちに読書家が多い理由 | テンミニッツTV

急速に読書ばなれが進んでいます。インターネット、スマホの普及が大きく影響しているようです。読書は手間がかかりますし、お金もかかります。スマホさえあれば、本なんていらないという方も多いはず。 そんなみな ...

続きを見る

 

政府による2018年の出版改革

さて、中国のメディアや出版社はすべて政府による検閲を受けているため「中国には言論の自由がない」とよく言われますが、出版物に関して言えば、市販される書籍はすべて政府機関の審査を受け「書号」と呼ばれる書籍コードを取得しなければなりません。

そんな「書号」が、2018年は大幅に制限されるという情報を出版関係者から聞きました。

 

「書号」制限で出版できなくなる?!

2018下半年出书难度倍增,你的书还能出版吗?!_出版常识 - 天一出书网
2018下半年出书难度倍增,你的书还能出版吗?!_出版常识 - 天一出书网

2018年出版管控的力度要较往年加大许多,四十年改革开放红色主旋律会覆盖2018年全年,书号紧缩禁止买卖、出版费用大幅度上升、重大选题申报

続きを見る

上の記事によれば、出版業界にとって2018年は史上最も厳しい一年になるだろうと論じています。

まず、中国の出版社間で横行している「書号」の売買が禁止になり、著作権フリーの小説の表紙だけ取り換えて何度も同じ内容の書籍を出版して稼ぐことを防ぐため、「書号」の審査を厳しくし、前年の30~40%にまで削減されるのではないかと予想しています。

表向きは出版業界の健全化と出版物の質の向上をうたっていますが、実際は政府による言論統制の側面も大きいのでしょう。

政治、軍事、宗教、文化大革命などセンシティブな題材についてNGであるのはもちろん、風水やSFなど非科学的な題材もNGとなっているようです。

また、下のような出版禁止になる題材リストなどもSNSで出回っているです。

学園恋愛、校内暴力、非倫理的、反社会的な題材など、かなり詳細にわたってNGリストが出回っており、出版社も作家も、書籍を出版できなければ食べていけなくなるので、おのずと自主規制せざるをえなくなるのでしょう。

 

まとめ

日本人が中国で出版する機会というのはほとんど無いと思いますが、村上春樹や東野圭吾などの中国語版の小説などは非常に人気があるので、このあたりの日本の出版コンテンツの中国展開にどのような影響を及ぼしそうなのか引続きウォッチしてみたいと思います。

中国生活で役立つ記事10選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-中国雑記

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.