DiDi 中国アプリ

日本人が中国で配車アプリ「滴滴出行」を利用する方法

2019年1月28日

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春節などの長期連休前後などの期間に流しのタクシーを捕まえることはほぼ不可能と言えます。中国における移動手段を確保する上で「滴滴出行-DiDi」は必要不可欠なアイテムと言っても過言ではありません。

今回は中国出張において言葉のハンデがある日本人のボクが、配車アプリ「滴滴出行-DiDi」を如何にして使いこなしているのかを紹介します。

中国で滴滴出行-DiDiを利用する場合は現地でインターネットへの接続環境が必要です。事前に空港でWiFiをレンタルして渡航しましょう。

中国出張におすすめのVPN付きレンタルWiFiサービス|2020年版

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

>> 中国で日本のテレビを見る方法

DiDiを使うメリット

① 中国語が出来なくてもOK
② 料金とルートがわかるのでぼったくられない
③ キャッシュレス対応(国際クレカOK)

どこの国に行っても初めてタクシーに乗るときは緊張しますよね。

悪質なドライバーだと遠回りされたりぼったくられるリスクもあります。

特に中国語は発音が難しいので、悪気はなくても間違った場所に連れて行かれる可能性も。

そんなとき滴滴出行-DiDiを使えば、地図上で目的地を設定するだけで移動できます。

支払いも登録したクレジットカードから引き落とされ、目的地に着いたら降りるだけなので、小銭が溜まるフラストレーションからも解放されます。

以上のメリットを考えると、タクシーよりも滴滴出行-DiDiの方が絶対おすすめです。

 

DiDiアプリについて

まず、アプリを「DiDi」のキーワードで検索してみましょう。

中国版「滴滴出行-DiDi」と日本版「DiDi(ディディ)」が表示されます。

日本と中国では使用するアプリが異なるので要注意

 

中国で使う場合は、必ず中国版の「滴滴出行-DiDi」をダウンロードしましょう。

 

DiDiの初期設定方法

滴滴出行 - DiDi

滴滴出行 - DiDi

Beijing XiaoJu Technology Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

「滴滴出行-DiDi」アプリをダウンロードしたら、まずは本人認証を行います。

 

携帯番号の登録

アプリを起動したら画面左上のマークをプッシュし、携帯番号を入力します。(日本の携帯番号でもOKです)

 

送られて来たショートメールの認証番号を入力します。

注意ポイント

日本の携帯番号でも登録可能ですが、中国で登録操作を行うと携帯キャリアによってはショートメールの受信が出来ず設定できない可能性があるので、事前に日本で設定を済ませてから中国へ渡航することをオススメします。

 

支払方法を設定

「钱包」をプッシュします。

 

国際クレジットカードでも支払いが可能なので、必要事項を入力します。(AlipayWeChatPayでも支払い可能です)

 

「已开通 优选支付」とオレンジ文字で表示されれば成功です。

以上の操作で配車サービスを受けることができます。

 

DiDiで選べる車種について

「滴滴出行-DiDi」の車種は地域によって異なりますが、大きく分けて5種類あります。

車種は地図の上に表示されるのでスライドさせて選びます。

  • 快车:普通車
  • 礼橙专车:高級セダンorワンボックス
  • 出租车:タクシー
  • 豪华车:ハイヤー
  • 顺风车:相乗り車(中止)

中国語が苦手な方へ

車の種類によってドライバーのマナーの質も変わります。値段は「快车」より高いですが「礼橙专车」のドライバーは比較的マナーを教育されており、言葉が通じなくても対応が親切なのでお勧めします。(日本のタクシーほどのサービス・マナーは期待しないでください)

 

DiDiアプリ言語の変更

「滴滴出行-DiDi」アプリは中国語のほかに英語にも対応しています。

「設定」>「多語言」に進みます。

 

「多語言」で”English”を選べば英語に切り替わります。

英語表示の注意点

英語表示にすると固有名詞の地名がピンイン(拼音)表記と英語表記が混在して判別しづらいのが難点です。例えば、延安路はピンイン(拼音)で「Yan'an-road」と表示されますが、外灘金融中心は英語で「The Bund Financial Center」と表示されたりします。

 

DiDiで車を呼ぶ

DiDIアプリの設定が完了したら、実際に車を読んでみましょう。

出発地を指定

出発地に地図上のポイントを移動もしくは下部の「你在哪儿上车」に出発地を入力もしくはリストから選択します。

中国語が苦手な方へ

この後、迎えに来る運転手にピックアップしてもらうことがひとつの難関になります。なるべく分りやすく停車しやすい場所(ホテルなど)や人が少ない場所に出発地点をセッティングしましょう。

 

目的地を指定

同様に目的地についても下部の「你要去哪儿」に目的地を入力もしくはリストから選択します。

 

車を呼ぶ

出発地と目的地をセットすると、地図上に迎えに来るまでの待ち時間と目的地に着くおおよその時間と料金が表示されます。内容に問題無ければ「呼叫」をプッシュします。

ポイント

「礼橙专车」の場合、車の絵を右にスライドさせると乗客6人まで乗車できるワンボックスの大型車に変更できます。

 

配車を待つ

車が配車されるのを待ちます。配車が決まると、迎えに来る車の距離と時間が地図上に表示されます。また、画面下部には車のナンバー、車種名、車の色、運転手の名前も表示されます。

 

ピックアップ場所の確認

運転手から電話もしくはチャットでピックアップ場所の確認連絡が来ます。

中国語が苦手な方へ

運転手から電話がかかって来ても何を言っているのかわからない場合は、チャットによるコミュニケーションを活用しましょう。

 

チャットの活用方法

チャットにはワンプッシュ常用句がセットされています。また、一番下の「添加常用语」から自分でよく使うフレーズをセットすることもできます。

常用句一覧

  1. 你好,我的定位准确,请按导航来接我
    私の位置は正確です、ナビ通りに迎えに来てください
  2. 我稍后到达上车点,现在不方便接电话,谢谢
    まもなく待合せ場所に着きますが、今は電話に出られません
  3. 好的,我知道了,谢谢您
    わかりました
  4. 我已经到达上车点,希望您及时赶到,谢谢
    もう待合せ場所にいます、なるべく早く来てください
  5. 我马上到,请您稍等一下
    もうすぐ着きます、少し待ってください
  6. 不好意思,我还要几分钟,请您稍等一会
    ごめんなさい、あと数分待ってください
  7. 请问您大概还要多久到
    あとどのくらいで到着しますか?

私の経験上、配車が決まったら直ちに上記常用句の1,2をチャットで発信すれば、ほとんど電話はかかって来ることはありません。

 

運転手到着・出発

運転手が到着すると左の画面のようになるので、車のナンバーを探し乗車しましょう。出発すると右の画面のように目的地までの距離と所要時間が表示されます。

 

目的地に到着

目的地に着いたら、そのまま降車すればOKです。料金は事前に設定した国際クレジットカードから引き落とされます。

ポイント

クレジットカード明細の為替レートは1CNY=16.489JPYでした。該当日の為替レートは1CNY=16.21JPYだったので、為替手数料は2%以下、空港で両替した現金でタクシーに乗車するよりはるかにお得です。

 

DiDiの領収書発行方法

出張などの精算で領収書が必要な場合でも簡単に電子領収書が発行できます。

画面左上のマークをプッシュし「我的订单」右上の「开发票」をプッシュします。

日本から領収書を発行する場合

中国出張から帰国後に領収書を発行する場合は以下を参考にしてください。

日本からアプリを起動すると上記の「开发票」ボタンが出現しないようです。その場合、「我的订单」から適当な乗車履歴を表示させ、金額の下に表示されている「发票与报销」へ進みます。

乗車リストから領収書の対象にしたい履歴を選択し「下一歩」をプッシュします。領収書に必要な事項を入力して「提交」をプッシュすれば完了です。

領収書および乗車履歴一覧も送付されてきます。

 

DiDiアプリ まとめ

いかがでしたでしょうか。

「滴滴出行-DiDi」は、日本人が利用するためにはいくつかのハードルはありますが、使いこなせれば好きな場所に効率よく行ける非常に便利なアプリです。

日本ではなかなか普及しない配車サービスですが、中国に行く機会があれば是非この記事を参考にして体験してみてください。

台湾の配車アプリ

台湾では滴滴出行-DiDiを利用できません。Uberを利用しましょう。

【2020年】台湾で配車アプリ「Uber」を使う方法

日本ではまだまだ普及が遅れている配車アプリですが、言葉のハンデがある海外では効率よく安心して移動できるのでとても便利です。 中国の大都市では慢性的なタクシー不足のため、移動手段を確保するためには「滴滴 ...

 

香港の配車アプリ

香港ではUber滴滴出行-DiDiどちらも使えます。

香港で滴滴出行-DiDiを使ってタクシーを呼ぶ方法

香港タクシーは料金が安く、英語も通じて、中国大陸のようにタクシーを拾えないこともほぼないので交通手段としてオススメですが、ちょっとしたローカルルールがあるので注意が必要です。 車体色によって地域と料金 ...

中国生活で役立つ記事13選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

5

中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネット検閲システムが全土に網羅されておりインターネットの閲覧や通信が制限されているため、Googleなど一部の海外サービスは遮断され利用 ...

6

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

7

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

8

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

9

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

10

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

11

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

12

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

13

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

-DiDi, 中国アプリ

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.