中国グルメ 日式拉面

中国のセブンイレブン蒙古タンメン中本のカップ麺を実食レビュー

2019年2月3日

今回、上海のセブンイレブンで発見した「蒙古湯面中本 鮮辣辛旨味噌風味」と日本のセブンイレブンの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」を食べ比べてみました。

日本のセブンイレブンではカップ麺コーナーで定番化となっている「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」が、2019年に海を渡り中国のセブンイレブンでも「蒙古湯面中本 鮮辣辛旨味噌風味」として発売されています。


キャンペーン期間中のようで、セブンイレブンの天井には広告ポスターが吊るされています。


品名:蒙古湯面中本 鮮辣辛旨味噌風味
メーカー:日清食品(中国)投資有限公司
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(辛味オイル)
定価:7.8元(約125円)

 

日中蒙古タンメンカップ麺食べ比べ


左が日本品で右が中国品。


日本の方がサイズがひとまわり大きく、調理時間も1分違います。

蒙古湯面中本 鮮辣辛旨味噌風味
価格:7.8元(125円)
1食89g(めん62g)あたり
エネルギー:1685KJ(402kcal)
たん白質:9.3g
脂質:17.8g
炭水化物:51.1g
ナトリウム:1.976g
調理時間:4分

蒙古タンメン中本 辛旨味噌
価格:204円
1食118g(めん80g)あたり
エネルギー:540kcal
たん白質:12.3g
脂質:22.3g
炭水化物:72.7g
ナトリウム:2.6g
調理時間:5分

 


中国カップ麺あるあるですが、カップの中に付属のフォークが入っているのが特徴です。


左が中国で右が日本の蒙古タンメンです。フリーズドライの豆腐や野菜は同じですが、ぱっと見で分かる違いは「辛旨味噌」の有無です。中国品はプレーン状態では辛味パウダーが入っておらず、付属の辛味オイルを入れなければ普通のタンメンです。 


辛味オイルのサイズも一回りちがいます。


中国の蒙古タンメンは付属の辛味オイルを入れなければ全く辛くありません。 


付属の辛味オイルを投入すると、日本の蒙古タンメンのプレーンの辛さぐらいになります。激辛にはなりませんでした。


ちなみに日本の蒙古タンメンは、辛味オイルを入れなくても十分辛く、オイルを追加するとさらに辛くなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

四川料理など激辛の食文化がある中国なので、蒙古タンメンのカップ麺も激辛なのかと思いきや、辛味オイルを投入しなければ普通のタンメンでした。

日本では、蒙古タンメン=激辛というブランドイメージがありますが、中国ではまだそれほど浸透していないので、レギュラーで激辛すぎるとクレームになる恐れがあってのしようなのかもしれませんね。

いずれにしても、日本の有名店コラボのカップ麺は、中国でこれからも増えていきそうな気がします。

中国生活で役立つ記事10選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-中国グルメ, 日式拉面

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.