中国VPN

セカイVPNがShadowsocksにも対応するようになったので試してみた

当サイトで、はじめて中国のネット規制を体感する初心者向けのVPNサービスとしてセットアップも簡単で「最大2ヶ月という長期間の無料体験ができる」セカイVPNをおススメしています。

そんなセカイVPNが、2019年1月からShadowsocksにも対応になったということで、実際に接続してみました。

Shadowsocksとは

Shadowsocksは通信のポートや特徴が特定しにくいため、中国のネット規制を回避しやすい接続方法と言われています。Shadowsocksは厳密にいうとVPNではなくプロキシですが、いわゆる今まで一般的に認識されてきたプロキシとは少し異なり、暗号化されたデーター通信により安全性が高くなっています。もちろんVPNと同じような使い方ができます。

 

Shadowsocks設定手順

セカイVPNでのShadowsocks設定方法は公式サイトで説明されています。(下記リンク参照)

【Shadowsocks利用開始設定】
 https://faq.interlink.or.jp/qa/1322

 【Windows(Outline)のShadowsocks接続設定】
 https://faq.interlink.or.jp/qa/793

 【Mac(Outline)のShadowsocks接続設定】
 https://faq.interlink.or.jp/qa/714

 【iOS(Outline)のShadowsocks接続設定】
 https://faq.interlink.or.jp/qa/590

 【Android(Outline)のShadowsocks接続設定】
 https://faq.interlink.or.jp/qa/738

 

iOSで接続してみました

iOSの場合、公式サイトではOutline APPというアプリを推奨していますが、私は有料ですが非常に使いやすいQuantumultというアプリで設定してみました。

インターリンクマイメニューにログイン後、画面下部にある「Shadowsocks利用開始」のボタンをクリックします。

QRコードの上部アクセスキーの項目にある以下のボタンをタップします。

以下の画面で「開く」をタップします。

Quantumultアプリが起動し、設定画面が表示されたら「Name」項目に任意の名前を設定し「Save」をタップします。

PROXY一覧に設定した名前が表示されれば成功です。

無事接続が確認できました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

何度も言うようですがセカイVPN「最大2ヶ月という長期間の無料体験ができる」というのは、はじめてVPNサービスを導入しようとするユーザーにとって非常にありがたいサービスです。

そんなセカイVPNが、IKEv2・L2TP・PPTP・OpenVPN・OpenConnectに続いてShadowsocksにも対応したので、あなたが、まだセカイVPNを試したことがないならば、設定・接続・解約方法も非常に簡単なので、この機会に是非試してみることをお勧めします。

中国生活で役立つ記事10選

1

日本人が中国で生活する上で今や必要不可欠な通信インフラとなったVPN。でも、いざ使ってみようとすると ...

2

中国において、モバイル決済手段は多くあるに越したことはありません。この記事では、中国出張前に準備して ...

3

今や海外への旅行や出張に欠かせないアイテムのひとつであるポケットWi-Fiルーター。事前にレンタルし ...

4

中国では、現金払いよりも、AlipayやWeChatPayといったアプリによるモバイル決済が主流とな ...

5

WeChatPay(微信支付)は、Alipay(支付宝)と並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表す ...

6

この記事では、現在私が利用している“中国から日本のテレビを見れるサービス”についてご紹介します。 実 ...

7

2023年2月現在、中国Mビザを取得するためには、以下4つの書類が必要です。 中国Mビザ取得 必要書 ...

8

中国は、世界で最も広範囲にわたる高速鉄道ネットワークを誇っており、旅行者にとって効率的な移動手段を提 ...

9

この記事では、海外でAmazonの「Fire TV Stick」を利用し日本の番組を視聴する方法につ ...

10

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple I ...

-中国VPN