AliPay WeChat 上海 中国雑記

上海モーターショー2019の電子チケットを購入してみた

2019年4月18日

第18回上海モーターショー」が4月18日から25日まで、上海の国家会展センターで開催されます。

基本情報

名称 第18回上海モーターショー
開催期間 2019/04/18(木)~2019/04/25(木) 
開場時間 10:00〜19:00
最終日のみ 10:00〜15:00
最寄り駅 地下鉄2号線「徐泾东」
地下鉄17号線「诸光路」
会場 国家会展中心
住所 上海市青浦区盈港东路168号
料金 04/18~04/21 100元
04/22~04/25 50元

私もよく中国の展示会を視察しに行きますが、昨今ではスマホのQRコードを利用した効率的な入場方法にシフトしており、この点は日本よりも電子化が進んでいると感じます。

今年の上海モーターショーでも主催者側は電子チケットの事前購入を推奨しており、当日券も販売されるようですが、チケット窓口で長蛇の列に並ばなければならない可能性が予想されます。

今回、自ら上海モーターショー2019の電子チケットを購入してみたので、備忘録として記事にしました。

 

電子チケット購入手順

まずはスマホで以下のQRコードをスキャンするか、コチラのリンク先へ飛びましょう。

買いたい日程のチケット枚数を選択しSubmitをプッシュすると、サインイン画面に切り替わります。

携帯電話の国際番号を選択しましょう。日本なら“+81”です。

携帯番号を入力し「获取见证码GET」を押しSMSで送られて来る6桁の数字を入力し、同意ボタンを押せばSign inできます。

再びチケット選択画面に切り替わるのでSubmitをプッシュし、同意にチェックしたらPAY NOWを押して支払いに進みます。

支払い方法は「微信支付/WeChatPay」と「支付宝/Alipay」のみ対応です。

すでに中国の銀行口座を持ちWeChatPayもしくはAlipayを利用している方は、そのまま支払えば完了なので以下内容は読み飛ばしてください。

初めてWeChatPayもしくはAlipayを利用する場合

アプリの登録自体は難しくないのですが、お金のチャージが鬼門になります。

  • 身近に送金をしてくれるAlipay利用者がいる場合はAlipayでの支払いをオススメします。
  • この記事を日本で読んでおりポケットチェンジを利用できる場合はWeChatPayでの支払いも可能です。
  • 中国のアプリは怖いと思う方は、当日窓口でチケットを購入しましょう。

 

WeChatPayで支払う場合

まずWeChatアプリをダウンロードしてWeChatPayを開設します。

【2019年最新まとめ】日本人がWeChatPay(微信支付)を開設する方法

最新情報 ⬇︎2020年の最新情報をご覧ください WeChatPay(微信支付)とは? 中国一のダウンロード数を誇るWeChat(微信)に紐づいたモバイル決済サービスです。2018年のW ...

次にポケットチェンジで50元もしくは100元以上チャージします。

WeChatPay(微信支付)にお金をチャージできる「ポケットチェンジ」のお得なクーポン情報

ご注意ください ポケットチェンジからWeChat Payへのチャージは中国の居民身分証、又は中国の銀行口座をお持ちでない方はご利用できません。2019年7月5日に仕様変更があり、以前に国際クレジットカ ...

支払い方法でWeChatPayを選択しアプリを開きます。

WeChatPayにチャージしたお金で支払いましょう。

 

Alipayで支払う場合

まずAlipayアプリをダウンロードしてAlipayを開設します。

日本人がAliPay(アリペイ/支付宝)を開設する方法

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

次にAlipayを持つ知人から50元もしくは100元以上送金してもらいチャージしましょう。

現時点で中国に銀行口座を持たないAlipayアカウントにお金をチャージする手段は個人間送金しかないので要注意です。

支払い方法でAlipayを選択しアプリを開きます。

Alipayにチャージしたお金で支払いましょう。

 

支払い結果

支払成功と表示され、My Ticketsのページにチケットが表示されれば完了です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

チケット購入サイトへのサインインは海外の携帯番号にも対応しているのに、支払い方法は外国人の利用が難しいスマホ決済のみという不親切さが中国らしいです。

世界を代表する国際モーターショーなので、クレジットカードぐらい使えても良いと思うのですが・・・

もし身近に頼れる中国人の知人や日本人駐在員などがいるのならば、電子チケットをWeChatのミニプログラムを使って受け渡しができるようなので、代理購入をお願いするのも一つの手段です。

また、当日券も販売するようなので、どうしても電子チケットが買えない場合は、無理をせず当日窓口で購入しましょう。

くれぐれも会場周辺にいるダフ屋からの購入は避けてください。値段が高いだけでなく偽チケットで入場できないというケースもよく聞くので気をつけましょう。

中国生活で役立つ記事12選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

5

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

6

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

7

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

8

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

11

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

12

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

-AliPay, WeChat, 上海, 中国雑記

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.