中国ライフハック

【2019年版】Trip.comで中国高速鉄道(高鉄)のチケットを買う方法

2019年5月24日

中国の新幹線(中国高鉄)の発展は目覚ましく、特に北京や上海などの大都市からは数多くの鉄道路線が出ており、地方への移動も非常に便利になってきました。

便利になった中国高鉄ですが、中国の鉄道駅は規模も大きく、はじめての場合チケットの購入に戸惑うと思うので、今回は中国高鉄駅での切符の買い方を紹介します。

 

中国高鉄チケットの買い方

チケットの購入方法は、直接駅の窓口で購入することも可能ですが非常に難易度が高いので、ネットで事前に購入しておき、駅で発券することをオススメします。

Trip.comでの予約方法

旅行アプリはTrip.com 格安航空券の予約&ホテル比較

旅行アプリはTrip.com 格安航空券の予約&ホテル比較

Ctrip.com international無料posted withアプリーチ

Trip.comのアプリをダウンロードします。

トップ画面で「列車」をプッシュし、「出発地」「目的地」「出発日」を入力し検索します。

出発日の列車一覧がリストアップされるので、希望時間の列車と席種を選んだら「予約」をプッシュします。

予約画面に進んだら「乗客を追加」をプッシュし「乗客情報」を入力します。

次に「連絡先情報」を入力し「座席指定」をしたら「予約する」をプッシュします。

クレジットカード番号とセーフティーコードを入力し「安全に支払う」を押せば予約完了です。

乗車券情報を押すとチケット番号が表示されます。

これで予約は完了しましたが、チケットを発券しなければ高鉄に乗車することができません。チケットは中国国内の鉄道駅か最寄りの乗車券販売代理所で発券することができます。

(注意)はじめての高鉄に乗車する場合およびパスポート更新直後は、必ず「鉄道駅」にて本人登録をしなければなりません。

 

鉄道駅でチケットを発券する方法


鉄道駅に着いたら、まず「售票处(チケット窓口)」を探しましょう。


チケット窓口に着いたら行列に並びましょう。


窓口でチケット予約番号が表示されたスマホとパスポートを渡し発券してもらいます。


無事チケットが発券されました。


自動発券機もありますが、残念ながら現時点で外国人は利用できません。

中国高鉄チケットまとめ

中国高速鉄道(高鉄)のチケット予約方法と発券方法について紹介しました。

日本の新幹線とはチケットの買い方の勝手が違うので、最初は戸惑うかもしれませんが、この記事を参考にして高速鉄道の旅を楽しんでください。

【2017年版】上海虹橋火車駅から中国高鉄(新幹線)の乗り方

中国の新幹線(中国高鉄)の発展は目覚ましく、特に上海からは数多くの鉄道路線が出ており、地方移動も便利になってきました。 非常に便利な中国高鉄ですが、上海虹橋火車駅は規模が大きすぎて、初心者にはチケット ...

中国生活で役立つ記事10選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-中国ライフハック

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.