中国ライフハック 中国動画視聴

中国からスマホで日本のテレビが見れる「CoolTV」を使ってみた

2019年5月28日

中国で日本のテレビを見るサービス

これまでも中国で日本のテレビを見るサービスは存在しており、今でも現地の日本料理屋などでよく見かけます。

ただ、個人でこのサービスを導入するとなると、テレビに備え付ける高価な機械を買う必要がある上、映像の画質があまり良くなく頻繁に遅延やフリーズが起こったり、突然使えなくなったりして、サポートに問い合わせても日本語が通じないなどと、正直ハードルが高そうな印象でした。

 

今回、中国からでもスマホなどのモバイル端末から簡単に日本のテレビを視聴できる「CoolTV」というサービスがあると聞き無料お試し視聴をしてみました。

 

CoolTVを使ってみた感想

結論から言うと、期待を上回るサービス!

画質が良い

とにかく画質が良くて安定してます!

日本の自宅で見るテレビと変わらないハイビジョン画質なので、ゴルフ中継のゴルフボールもクリアに見えます。動画の遅延やフリーズもほとんど起こらず安定してます。

 

豊富なチャンネル数

ベーシックプランは関東地上波、関西地上波、BSデジタル、CSデジタル及び英語チャンネルの合わせて54チャンネル、プレミアムプランなら95チャンネルが見放題です!

スポーツ好きの私としては、プロ野球、サッカー、格闘技の試合もリアルタイムに視聴でき、W杯やオリンピックも日本語実況で見れるのは嬉しいサービスです。

 

過去14日間分「全録」

過去14日間分、全チャンネルを録画・保存しているので、見逃した番組でもオンデマンドで視聴できます。

全チャンネル全録は本当に素晴らしい!

 

スマホで視聴できる

スマホで日本のテレビが見れるというのは、特に私のような出張族にとっては大変ありがたいサービスです。

中国の出張先でビールを飲みながらプロ野球の生中継を見れる日が来るなんて本当夢のようです。

 

テレビモニターでも見れる

やっぱり大画面のテレビモニターで見たい場合は、「テレビ視聴用BOXタイプ」で契約すればスマホとテレビを併用できます(同時視聴は出来ません)

 

VOD機能もある

「プレミアムプラン」で契約すれば、日本の映画・ドラマ・アニメが、懐かしいものから最新のものまでビデオオンデマンドで視聴することが出来ます。

とはいえ、Hulu、Netflix、AmazonプライムビデオなどのVOD専業サービスの配信コンテンツ数には遥かに及ばないので、VODコンテンツの量を求めるならば、既存のサービスを選びましょう。

>> 中国でNetflixを見る方法

 

設定は驚くほど簡単

①「KoPlayer」アプリをダウンロード

②アプリを起動し「tv://japan.tv」と入力

JapanTVに接続

③ユーザー名とパスワードを入力するだけでOK

簡単操作ですぐに視聴できます。

 

価格体系とサポート

価格

価格体系は2種類あります。

  1. モバイル端末視聴用アプリタイプ
    ベーシックプラン:30,000円/年
    プレミアムプラン:45,000円/年
  2. テレビ視聴用BOXタイプ
    ベーシックプラン:45,000円/年
    プレミアムプラン:60,000円/年

※「テレビ視聴用BOXタイプ」は無料でアプリタイプサービスを提供します。ただし、BOXタイプとアプリタイプの同時視聴はできません。

この価格帯を高いと考えるか、安いと考えるかは、視聴頻度次第だと思います。

CoolTVは事前に無料お試し視聴が可能なので、少しでもお悩みならば、お問い合わせフォームから連絡をしてみてください。

 

サポート体制

メールによる問い合せは24時間受け付け、日本語可能なので安心のサポート体制です。

 

中国生活のストレスを発散しよう

今回、中国出張中にCoolTVを使って視聴した日本のバラエティー番組で大爆笑しちゃいました!

私の経験上、どんなに中国語が上達しても、中国生活で「腹の底から大爆笑する」ケースというのはほぼ皆無なんですよね。

たまには日本のバラエティー番組を見て、大爆笑してストレス発散するのも大切なことなんだと気づかされました。

CoolTVは事前に無料お試し視聴が可能なので興味がある方は、お問い合わせフォームから連絡をしてみてください。

Wechatでお問い合わせ希望の方は以下のQRコードをスキャンしてご連絡ください。

中国生活で役立つ記事10選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-中国ライフハック, 中国動画視聴

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.