CapCut 中国アプリ

無料動画編集アプリ『CapCut』のすごい機能10選

2020年5月6日

『Viamaker』は『 CapCut(キャップカット)』に名称変更されました

無料スマホ動画編集アプリCapCutは、スマホ画面で簡単な操作をするだけで、初心者でも簡単に動画にいろいろな効果を加えてお洒落でスタイリッシュなオリジナル動画を制作することができる無料のアプリです。

今回はリリース以降しばらく使い込んでみてわかったCapCutのすごい機能についてまとめました。

YouTube解説もご覧ください!

無料動画編集アプリ『CapCut』7つの機能がバージョンアップ

無料スマホ動画編集アプリ『CapCut』は、スマホ画面で簡単な操作をするだけで、初心者でも簡単に動画にいろいろな効果を加えてお洒落でスタイリッシュなオリジナル動画を制作することができる無料のアプリです ...

続きを見る

無料でプロ並みの動画編集ができる中国発のアプリ『CapCut(Viamaker)』の使い方

『Viamaker』は『 CapCut(キャップカット)』に名称変更されました 朗報です!中国のバイトダンス社が配信する中国版TikTok”抖音”御用達の動画編集アプリ「剪映 」の日本版『CapCut ...

 

CapCutのすごい機能10選

1. 変速機能がすごい

まず1つ目のすごい機能は動画のスピードを自在に調節できる点です。

カンタン操作で、動画のスピードを0.1倍から100倍まで自在に調節できます。

100倍速だと1時間の動画が36秒に変換されるので、固定カメラにすれば日の出や日の入りなどの動画もカンタンに編集できます。

さらにすごいのは、動画スピードを自在に緩急をつけられる点です。

例えば、スローモーションの映像を作る場合、突然スローに切り替わるよりもフェードイン・フェードアウトで徐々にスピードの緩急をつけることにより映像がより魅力的になります。

 

2. 美顔フィルター

2つ目のすごい機能は、美肌と小顔に効果的なハイクオリティなフィルターが搭載されている点です。

カメラアプリでは主流となっている美顔補正機能が動画編集にも搭載されています。

上の写真は美顔補正をMaxにした左がビフォーで右がアフターです。

アニメ化機能

あなたの顔がアニメ化できる機能も追加されました!

 

3. 豊富なサウンド

3つ目のすごい機能は、BGMとして使えるオリジナルサウンドと効果音の多さです。

楽曲は、100曲近いフリー素材の中から選べます。

効果音は、220近いフリー素材の中から選べます。

 

4. サウンドの抽出

4つ目のすごい機能は、スマホに保存れている動画の音源だけを抽出してBGMに追加できる点です。

楽曲>インポート>抽出で、スマホに保存れている動画から音源だけを抽出して追加できます。

また、楽曲>インポート>マイファイルで、スマホのミュージックライブラリにも直接アクセスでき楽曲を抽出追加できます。

 

5. 多彩なエフェクト

5つ目のすごい機能は、エフェクトの種類が豊富な点です。

約200種類あるエフェクト効果の中から選べるので、MVやMADムービーを作りたい方にはとてもおすすめ、モザイクも入れることができます。

 

6. トランジションが豊富

6つ目のすごい機能は、トランジションの種類が豊富な点です。(トランジションとは動画と動画の間の切り替え効果のことです)

60種類以上のトランジションの中から、シンプルなタイプからお酒落なものまでお好みのスタイルのものを選ぶことができます。

 

7. 動画のはめ込み合成ができる

7つ目のすごい機能は、動画のはめ込み合成ができる点です。(初期段階では、PiP=ピクチャーインピクチャーと表示されていました)

動画と動画、動画と写真、写真と写真、いろいろな組み合わせで映像を合成することができます。

ゲーム実況やワイプ等の動画を作りたい方におすすめの機能です。

 

8. アニメーションテキスト

8つ目のすごい機能は、テキストにアニメーションをつけることができる点です。

フェイドイン・フェイドアウト・ループのアニメーション合計約30種類の中から選ぶことができます。

 

9. ステッカーがすごい

9つ目のすごい機能は、数えきれないほどのフリー素材のステッカーを使うことができる点です。

また、スマホに保存されている画像はすべてステッカーとして取り込むことができるので、無制限にステッカーを使えるとも言えます。

 

10番目のすごいところは・・・

これだけたくさんの機能がついて、すべて無料という点です。

私も今まで色々なタイプの動画編集ソフトを使ってきましたが、ここまでたくさんの機能がついていて、すべて無料(課金も無し)というのには、本当に驚きました。

 

新機能が続々追加

CapCutは、頻繁にバージョンアップされ新機能が次々に追加されています。

⬇︎当サイトでも最新情報をアップデートしていきますのでご覧ください

CapCut|自動キャプション機能で字幕を自動で入れる方法

2020年4月に配信されてから続々に新機能がアップデートされている『CapCut』ですが、今回はカンタン操作で動画に字幕を入れることができる新機能について紹介したいと思います。 CapCutを詳しく紹 ...

続きを見る

無料動画編集アプリ『CapCut』のすごい機能10選

『Viamaker』は『 CapCut(キャップカット)』に名称変更されました 無料スマホ動画編集アプリ『CapCut』は、スマホ画面で簡単な操作をするだけで、初心者でも簡単に動画にいろいろな効果を加 ...

続きを見る

無料動画編集アプリ『CapCut』7つの機能がバージョンアップ

無料スマホ動画編集アプリ『CapCut』は、スマホ画面で簡単な操作をするだけで、初心者でも簡単に動画にいろいろな効果を加えてお洒落でスタイリッシュなオリジナル動画を制作することができる無料のアプリです ...

続きを見る

二次元キャラに変身できるCapCutの「アニメ化」新機能

2020年4月に配信されてから続々に新機能がアップデートされている『CapCut』ですが、人物の映像を二次元キャラに変換できる機能が実装されたので紹介したいと思います。 CapCutを詳しく紹介してい ...

続きを見る

 

CapCut使ってみて分かった気になる点

さて、ここまで大絶賛してきたCapCutですが、使ってみてちょっと気になる点やできれば改善して欲しい点もありました。

書き出せる動画は15分まで

元々ショートムービー向けの動画編集アプリなので、書き出せる動画の長さは最大15分となっています。

 

重くなったりフリーズする?

編集している動画のせいなのか使っているスマホの性能なのか、はっきりわかりませんが時々操作性が重くなったりフリーズして動かなくなるケースが何度かありました。

PCの動画編集ソフトなんかでもPCの性能が追いつかないと動作が重くなったりすることがあるので止むを得ない事象かもしれませんが、できれば改善して欲しいですね。

 

CapCutは中国発祥のアプリ

実はCapCutは中国発祥で、中国では「剪映」という名の別アプリとして存在してます。

元々「剪映」は中国版TikTok「抖音」のショートムービー編集用アプリとして誕生しました。

将来CapCutが使えなくなる?

最近、日本でも中国アプリの利用制限を検討するというニュースが飛び交っています。

CapCutもTikTokと同じバイトダンス社が配信するアプリなので、今後の流れ次第では利用規制がされる可能性がゼロとは言い切れません。

中国アプリは使って大丈夫?情報流出するの?どんな情報が抜かれるの?

最近では、西側各国が安全保障上の懸念があることを理由に中国アプリの使用禁止を検討しているニュースを頻繁に目にするようになりました。 当サイトでもたびたび最先端中国アプリの便利で楽しい一面ばかりを紹介し ...

続きを見る

基本的な動画編集方法は同じなのですが「剪映」には『CapCut(Viamaker)』に無い機能もいくつかあるのでご紹介したいと思います。

楽曲と効果音の数が多い

使える楽曲と効果音の数はCapCutよりも多いです。中国の楽曲や中国語で話す効果音が増えた感じです。

 

ステッカーの数が多い

使えるステッカーの総数もCapCutよりも多いです。中華風なステッカーが増えた感じです。

 

音声・歌詞識別機能

動画の音声と楽曲を識別し自動的に字幕テキストに変換できる機能があります。(中国語限定)

この機能は是非CapCutにも追加して欲しいですね。

 

直接「抖音」にアップロードできる

「剪映」で編集した動画を直接中国版TikTok「抖音」にアップロードできます。

 

日本語のフォントは弱い

中国版の動画編集アプリなので、搭載されている日本語のフォントが「ゴシック」「手書き」「コミック」の3種類しか無いのは残念です。

 

「剪映」のダウンロード

日本のスマホで「剪映」を利用したい場合は、中国のアプリストアからダウンロードする必要があります。

中国で日本の動画配信サービスが視聴できるVPNまとめ

この記事は・・・ 「中国でVPNを使ってNetflixやAmazonプライムなど日本の動画サービスを見たいけど、どのVPNを選んだら良いのかわからない」 という方に読んで欲しい内容です。 立ちはだかる ...

続きを見る

中国生活で役立つ記事15選

1

2021年4月1日から提供開始となる楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の詳細が発表されました。 今回発表されたこの楽天モバイルの新プランは、海外に駐在・留学している日本人に ...

2

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

3

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

4

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple IDからはダウンロードできない中国アプリがあるんです。 そこで今回は、中国のApp Storeからアプ ...

5

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

6

「中国で快適に使えるVPNを探してるけど、種類が多すぎてどれを選んだら良いのかわからない」と思っていませんか? みなさんご存知の通り、中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネ ...

7

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

8

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

9

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

10

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

11

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

12

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

13

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

14

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

15

『Viamaker』は『 CapCut(キャップカット)』に名称変更されました 朗報です!中国のバイトダンス社が配信する中国版TikTok”抖音”御用達の動画編集アプリ「剪映 」の日本版『CapCut ...

-CapCut, 中国アプリ

Copyright© 中華ライフハック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.