中国ライフハック 中国以外その他

楽天モバイル|海外在住日本人にとって嬉しすぎる神プラン

2021年2月4日

2021年4月1日から提供開始となる楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の詳細が発表されました。

今回発表されたこの楽天モバイルの新プランは、海外に駐在・留学している日本人にとってうれしすぎる神プランなので、その点を詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

 

電話番号はそのままで乗り換え可能

まず大前提として、現在日本で契約しているキャリア(ドコモ・KDDI・SoftBank)の電話番号はそのままで、楽天モバイルへ乗り換えが可能です。

駐在員(留学生)の多くは、日本の電話番号を維持するためだけに、既存のキャリアを解約しないと聞きます。

楽天モバイルに乗り換えても現在の電話番号は維持できるので安心してください。

 

使わなければ月額0円

楽天モバイルの新プランは、データ通信量が1GB未満の月は無料になります。

多くの駐在員(留学生)は、海外では現地キャリアのSIMカードをメインに利用し、日本へ一時帰国した時だけ日本のキャリアを利用しているのではないでしょうか。

この場合、楽天モバイルの新プランは帰国しない月に使わなければ料金は0円になるんです。

年に数回帰国時の利用と電話番号を維持するためだけに、既存のキャリアに月々の料金を支払っているならば、是非楽天モバイルへの乗り換えの検討をオススメします。

 

eSIMでデュアル運用可能

日本と海外でスマホ2台持ちユーザーのみなさんに朗報なのが、1台のスマホ端末で2つの電話番号を利用できるデュアル運用です。

これまでのSIMは小型のカードを挿入していましたが、”eSIM”はカード不要で設定できます。

楽天モバイルを”eSIM”で契約して、現地キャリアのSIMカードを挿入すれば、日本と海外の電話番号を1台のスマホで利用することができます。

現時点で”eSIM”に対応しているスマホ端末は「iPhone」と「GooglePixel」の新タイプの機種です。

 

海外からの音声通話も無料

最近ではLINEなどの無料音声通話が主流になっていますが、Rakuten Linkアプリを使えば、海外からの発信でも日本国内の固定・携帯宛の通話が無料になります。

Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

 

通信エリアは拡大中

現時点で、楽天モバイルの日本国内の自社エリアは、既存のキャリア(ドコモ・KDDI・SoftBank)と比べると見劣りするのは確かです。

ただ現在でも、4G・5G回線とも自社エリアの拡大に力を入れており、自社回線が繋がらないエリアについてもパートナーであるau回線へのローミングによりサービスを利用できる仕様になっています。

海外を拠点にしているみなさんには、あまり問題にならないのではないでしょうか。

>>楽天モバイルの通信エリアはこちら

 

契約期間の縛りなし

既存キャリア(ドコモ・KDDI・SoftBank)で悩ましかった最低利用期間と契約解除料は一切かかりません。また、スマホのSIMロックもありません。

駐在員はいつ海外から異動の辞令が出ても大丈夫そうです。

 

楽天経済圏の強み

楽天のサービスを使えば使うほど、相乗効果で得するのが楽天経済圏の強みですよね。

楽天モバイルに契約すると、楽天市場でのお買い物でもらえるポイントも+1倍になります。

 

海外からでも契約できるのか?

前述した通り、「iPhone」か「GooglePixel」の新機種を使っている場合、”eSIM”で契約すれば、SIMカードの宅配や受取が不要なので、海外からでも遠隔で契約できます。

Web上での本人確認が必要ですが、運転免許証もしくはマイナンバーカードを所持していれば、海外からでも確認可能です。

ただし、パスポートや健康保険証では、補助資料として公共料金請求書・住民票・届出避難場所証明書のいずれかの提出が求められているため本人確認は難しそうです。

 

楽天モバイル 新プランまとめ

いかがでしたか?

楽天モバイルの新プランは海外在住者にとってメリットしかないですよね。

1年間無料キャンペーンは先着300万名までが対象なので、加入を検討しているならば早めに決断しましょう。

中国生活で役立つ記事15選

1

2021年4月1日から提供開始となる楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の詳細が発表されました。 今回発表されたこの楽天モバイルの新プランは、海外に駐在・留学している日本人に ...

2

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

3

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

4

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple IDからはダウンロードできない中国アプリがあるんです。 そこで今回は、中国のApp Storeからアプ ...

5

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

6

「中国で快適に使えるVPNを探してるけど、種類が多すぎてどれを選んだら良いのかわからない」と思っていませんか? みなさんご存知の通り、中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネ ...

7

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

8

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

9

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

10

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

11

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

12

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

13

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

14

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

15

『Viamaker』は『 CapCut(キャップカット)』に名称変更されました 朗報です!中国のバイトダンス社が配信する中国版TikTok”抖音”御用達の動画編集アプリ「剪映 」の日本版『CapCut ...

-中国ライフハック, 中国以外その他

Copyright© 中華ライフハック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.