備忘録

YouTubeチャンネルが収益無効化になってから復活するまで(再利用されたコンテンツ)

悲報・・・YouTubeチャンネルが収益化プログラムの対象外になりました。

「チャンネルの収益無効化」

YouTube収益化プログラムの承認を受けてから順調に収益を伸ばしていた最中、非情な通知は突然やってきました。

ちなみに、収益無効の理由は「再利用されたコンテンツ」でした。

今回は、私の運営するチャンネルの収益が無効化されてから、なんとか復活するまでの2ヶ月間に実施したアクションについて解説しています。

同じ問題に遭遇した方の少しでもお役に立てれば幸いです。

 

YouTube収益無効化になったチャンネル

まず、収益無効化になったチャンネルの概要について説明します。

  • 2017年6月 開設
  • 2021年3月 収益化申請(登録者1000人)
  • 2021年4月 収益化審査に合格
  • 2021年11月 収益化無効

収益無効化時のチャンネル登録者数:約25000

動画コンテンツ本数:約300本

 

YouTube収益化無効の通知メール

YouTubeの収益化が無効になったという通知はメールでやってきます。

Your channel is no longer eligible to monetize. Learn how to reapply.(お客様のチャンネルの収益化が無効になりました。再申請方法をご確認ください。)

当事者にしか分からないと思いますが、コツコツ育て収益化できたチャンネルだったので、このメールを受け取った時の精神的なダメージはかなり大きかったです。

 

YouTube Studio管理画面の確認

YouTube Studioに入って収益受け取り欄を確認すると「再利用されたコンテンツ」という問題点があると判断されたようです。

30日が経過すると再申請ができるので、それまでに原因と対策を

 

YouTube収益無効化の原因を探る

「再利用されたコンテンツ」と判定された原因を考えました。

YouTubeヘルプセンターには「再利用されたコンテンツ」が収益化されない理由について、以下のように記載されています。

収益化が許可されないその他の例(これらに限定されません):

  • テレビ番組の一部が編集されているものの、説明がほとんどないか、まったくない
  • 他のソーシャル メディアのウェブサイトのコンテンツを集めた短い動画
  • さまざまなアーティストの曲のコレクション(許可を得ている場合も含む)
  • 他のクリエイターによって何度もアップロードされたコンテンツ
  • 他者のコンテンツのプロモーション(許可を得ている場合も含む)

引用元:>>YouTube のチャンネル収益化ポリシーより

YouTube収益化審査のガイドラインはやや抽象的なので、自分で推測するしかありません。

一応、該当する動画の心当たりはありました。

それは、半年前から始めた「切り抜き動画」です。

SNS動画を簡単に編集して半年間で200本以上あげていました。

 

YouTube収益無効化からの復活

収益無効化のメールを受け取ってから30日経過後に再申請が可能になります。

再申請1回目

まずは心当たりのあった「切り抜き動画」約200本を削除し、「切り抜き動画」以外のオリジナルコンテンツ約100本を残しました。

注意ポイント

削除した動画の再生時間は収益化基準には含まれなくなります。 公開している動画だけで収益化基準の総再生時間 4,000 時間をクリアする必要があるのでご注意ください。

これで最初にチャンネルが収益化した2021年4月時点を復元したことになります。

30日経過した2021年12月某日に再申請したところ

3日後にこのようなメールが来ました。

Your channel is not approved for the YouTube Partner Program. Learn how to reapply.(お客様のチャンネルは YouTube の収益化ポリシー を遵守していないことが判明しました。再申請方法をご確認ください。)

とりあえずチャンネルを過去に審査が通った状態に復元すれば、余裕で再審査も通るだろうと軽く考えていたんですが、まさかの再申請不合格に絶望しました。

 

再申請2回目

1回ぐらいであきらめる訳にはいきません。

「YouTube 収益化 再申請」でググってみると、同じ沼にハマった先人たちによるブログ記事が多数出てきました。

いろいろな方の記事を参考にしながら、次に目をつけた修正ポイントは「動画の更新頻度」です。

2021年4月に審査が通った状態に復元したのですが、半年以上、新しい動画が1本も公開されていない状態になっているので、「チャンネルがアクティブではない」と判定されたのかもしれないという仮説を立ててみました。

次の再審査が可能になるまでの30日間に、オリジナルの動画を5本公開することで、チャンネルがアクティブに運営されていることを強調してみました。

あわせて、グレーゾーンの動画についても「総再生時間 4,000 時間」を下回らないように気をつけなふがら、一旦削除しました。

そして30日後の2022年1月某日に再申請したところ

3日後にこのようなメールが来ました。

Congratulations -- you've been approved to join the YouTube Partner Program!(おめでとうございます!YouTubeパートナープログラムへの参加が承認されました。)

やりましたーーー!!!

ありがとうございます!

 

収益無効化された当月分の推定収益は?

ずっとモヤモヤしていたのが、2021年11月1日から収益無効化までの約20日間に推定収益が翌12月の確定収益としては計上されなかったことです。

結論から言うと、再申請が通った2022年1月分の確定収益として計上されました。

どうやらチャンネル収益無効化後は支払い計上も保留になったようです。

 

YouTube収益無効化からの復活まとめ

いかがでしたか?

YouTubeチャンネルの収益化停止から復活までの流れをまとめてみました。

YouTubeの審査基準も厳しくなってきていて今まで収益化出来ていたチャンネルが突然、収益無効化になったというケースも頻繁に起こっているみたいですね。

Googleアドセンスのガイドラインは曖昧で謎な部分も多いので、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

中国生活で役立つ記事10選

1

日本人が中国で生活する上で今や必要不可欠な通信インフラとなったVPN。でも、いざ使ってみようとすると ...

2

中国において、モバイル決済手段は多くあるに越したことはありません。この記事では、これから中国に行く方 ...

3

今や海外への旅行や出張に欠かせないアイテムのひとつであるポケットWi-Fiルーター。事前にレンタルし ...

4

中国では、現金払いよりも、AlipayやWeChatPayといったアプリによるモバイル決済が主流とな ...

5

WeChatPay(微信支付)は、Alipay(支付宝)と並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表す ...

6

この記事では、現在私が利用している“中国から日本のテレビを見れるサービス”についてご紹介します。 実 ...

7

2023年2月現在、中国Mビザを取得するためには、以下4つの書類が必要です。 中国Mビザ取得 必要書 ...

8

中国は、世界で最も広範囲にわたる高速鉄道ネットワークを誇っており、旅行者にとって効率的な移動手段を提 ...

9

この記事では、海外でAmazonの「Fire TV Stick」を利用し日本の番組を視聴する方法につ ...

10

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple I ...

-備忘録