中国ライフハック

【遅延上等】中国国内の飛行機移動の暇つぶし

中国国内線の運航状況について

毎回うんざりするのが頻繁に起こる印象がある遅延と欠航です。

下のグラフは中国民間航空機の便数と正常運航率の推移です。

2015年までは便数の増加に反比例して正常運航率が低下しています。

2016年は前年比+8.43%の76.76%の正常運航率まで挽回しているようです。

ただ、裏を返せば、それでも1/4の便が正常には運航できていないということになります。

日本にも類似の統計があったので調べてみると、2015年の定時運行は91.13%でした。

しかも遅延の集計方法にも違いがあり、中国の場合は予定より30分以上遅れた便を集計しているのに対し、日本は15分以上の遅延をカウントしています。

正常運航率については、日本の航空機の時刻が正確すぎると言ったほうが良いのかもしれません。

飞常准|中国の航空機運航チェックアプリは神がかり的に秀逸だった

中国の航空機運航チェックアプリ かなり使えるフライト運航チェックアプリ「飞常准」の機能を紹介します。 ...

 

中国航空機の座席について

エコノミークラスではほとんど機内に座席モニターすらありませんし、モニターがあっても大して面白いチャンネルもありません。

また、遅延により空港で足止めされることも頻繁に起こりえるので、何らかの暇つぶしツールが必要なのです。

今回、日本の動画配信サービスのコンテンツをあらかじめダウンロードしておけば、かなり暇つぶしになるのではと思い、主要な動画配信サービスの接続状況について調査してみました。

中国で使える動画配信サービスとは?

no image
動画配信サービス導入の検討を重ね、U-NEXTを選んだ理由

これまで中国滞在期間の暇つぶし(特に飛行機移動時)のために、動画配信サービスの導入を検討してきました ...

 

注意:機内モードでも使ってはダメなの?

2017年3月に上海〜深センの移動で中国東方航空を利用しました。

案の定、座席モニターが無かったので、iPhoneにあらかじめダウンロードしておいた動画配信サービスで映画を観ていましたところ、スマホは電源を切るようCAに注意されました。

機内モードで使用していると主張するも…ダメ

隣の中国人もタブレットで映画を観ていたので、彼は良くてオレはダメなんだ?と抗議しても…タブレットはOKらしい

どうやら航空会社のルールによるみたいです。

中国生活で役立つ記事10選

1

日本人が中国で生活する上で今や必要不可欠な通信インフラとなったVPN。でも、いざ使ってみようとすると ...

2

中国において、モバイル決済手段は多くあるに越したことはありません。この記事では、中国出張前に準備して ...

3

今や海外への旅行や出張に欠かせないアイテムのひとつであるポケットWi-Fiルーター。事前にレンタルし ...

4

中国では、現金払いよりも、AlipayやWeChatPayといったアプリによるモバイル決済が主流とな ...

5

WeChatPay(微信支付)は、Alipay(支付宝)と並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表す ...

6

この記事では、現在私が利用している“中国から日本のテレビを見れるサービス”についてご紹介します。 実 ...

7

2023年2月現在、中国Mビザを取得するためには、以下4つの書類が必要です。 中国Mビザ取得 必要書 ...

8

中国は、世界で最も広範囲にわたる高速鉄道ネットワークを誇っており、旅行者にとって効率的な移動手段を提 ...

9

この記事では、海外でAmazonの「Fire TV Stick」を利用し日本の番組を視聴する方法につ ...

10

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple I ...

-中国ライフハック