Mobike 中国アプリ

日本でシェアサイクル「Mobike」の登録&支払い方法

2017年8月31日

シェアサイクルの「Mobike」日本での初ローンチ都市は札幌

北京発のシェアリング自転車「Mobike」――日本での初ローンチ都市は札幌 2017年6月、北京発の ...

ついに日本デビューを果たした中国発のシェアサイクル「Mobike」に日本で登録してみました。

「Mobike」の登録方法

まずMobikeアプリをダウンロードして立ち上げます。


「携帯認証」画面が出るので、携帯番号を入力して「SMS認証」をプッシュします。

 


SMSで届いた4桁の「認証コード」を入力し「利用開始」をプッシュします。

 


「私は16歳以上です。」をプッシュします。利用には年齢制限があるようです。

 


利用に先立っては3000円のデポジットが必要です。中国でのデポジットは300元(約5000円)だったので、それに比べれば割安です。

 


アカウントチャージ画面で「お支払い方法の追加」をプッシュし、カード番号、有効期限、セキュリティーコードを入力します。

 


クレジットカードを登録したらアカウントチャージをプッシュします。

 


これで登録完了です。

 

「Mobike」のチャージ&支払い方法

登録しただけでは利用できないので、お金をチャージする必要があります。


画面左上の人型アイコンをプッシュします。

 


「Myウォレット」をプッシュします。

 


アカウントチャージをプッシュします。この画面で「デポジットの払い戻し」もできます。

 


「¥500」「¥1000」「¥2000」「¥5000」からチャージ額を選択します。

 


以上でチャージ完了です。

2017年8月31日現在、日本国内でMobikeを利用できる地域は北海道の札幌市のみです。

シェアサイクルの「Mobike」日本での初ローンチ都市は札幌

北京発のシェアリング自転車「Mobike」――日本での初ローンチ都市は札幌 2017年6月、北京発の ...

中国生活で役立つ記事10選

1

日本人が中国で生活する上で今や必要不可欠な通信インフラとなったVPN。でも、いざ使ってみようとすると ...

2

中国において、モバイル決済手段は多くあるに越したことはありません。この記事では、中国出張前に準備して ...

3

今や海外への旅行や出張に欠かせないアイテムのひとつであるポケットWi-Fiルーター。事前にレンタルし ...

4

中国では、現金払いよりも、AlipayやWeChatPayといったアプリによるモバイル決済が主流とな ...

5

WeChatPay(微信支付)は、Alipay(支付宝)と並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表す ...

6

この記事では、現在私が利用している“中国から日本のテレビを見れるサービス”についてご紹介します。 実 ...

7

2023年2月現在、中国Mビザを取得するためには、以下4つの書類が必要です。 中国Mビザ取得 必要書 ...

8

中国は、世界で最も広範囲にわたる高速鉄道ネットワークを誇っており、旅行者にとって効率的な移動手段を提 ...

9

この記事では、海外でAmazonの「Fire TV Stick」を利用し日本の番組を視聴する方法につ ...

10

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple I ...

-Mobike, 中国アプリ

Copyright© 中華ライフハック , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.