WeChat 中国アプリ

日本人がWeChatPay(微信支付)にお金をチャージする3つの方法

投稿日:2018年11月10日 更新日:

日本国内でWeChatPay(微信支付)へお金をチャージする方法について解説します。

WeChatPay(微信支付)開設がまだの方は以下記事を参考にしてください。

【2018年最新版】日本でWeChatPay微信支付を開設する方法

WeChatPay(微信支付)とは? 中国一のダウンロード数を誇るWeChat(微信)に紐づいたモバイル決済サービスです。利用者は3.6億人以上です。中国人観光客のインバウンド需要を取り込むべく、徐々 ...

続きを見る

1.現金の手渡し

日本円の現金を渡して相当分の人民元を自分のWeChatPay(微信支付)アカウントへ送金してもらう方法です。アナログな手法ですが、身近に信頼できる中国人の友人や同僚がいる場合は確実な手法です。

注意点

  1. 送金をお願いする金額が高額な場合や送金頻度が多いと迷惑がられる可能性があります。
  2. WeChatPay(微信支付)は2014年に開始したばかりのサービスなので、日本滞在年数が長い中国の方の場合、WeChatPay(微信支付)を利用していない可能性もあります。

 

2.ポケットチェンジ

ポケットチェンジは、海外旅行などで余った外貨を、日常で使える電子マネーに交換できるサービスです。現在、日本国内でWeChatPay(微信支付)にお金をチャージできる唯一の両替機です。

WeChatPay(微信支付)にお金をチャージできる「ポケットチェンジ」のお得なクーポン情報

当サイトでは、日本国内でWeChatPay(微信支付)にお金をチャージする方法として2017年7月に「ポケットチェンジ」を紹介しました。 あれから1年、当時は羽田空港や歌舞伎町など3か所しか設置されて ...

続きを見る

注意点

  1. ポケットチェンジの設置場所が限定的
  2. 両替レートが比較的高めなのでクーポンを使うとお得です。

 

3.中国の銀行口座へ送金

中国にWeChatPay(微信支付)へ紐づけた銀行口座がある場合、その銀行口座へ日本の金融機関または送金サービス会社から送金する方法です。Googleで「中国へ送金」で検索するといろいろな送金サービスが出てきますが、それぞれのサービスによって両替レートと手数料が異なります。

ダメもとで中国出張中に銀行口座を開設しに行ってみた(工商銀行)

中国では近年、金融犯罪やマネーローンダリングなどの事件が多発しているのと同時にモバイル決済サービスが急速に普及しているため、当局による銀行口座の開設に対する規制が強化されているようです。 2017年に ...

続きを見る

注意点

  1. 外国人が中国で銀行口座を開設するのが難しくなっている
  2. 両替レートが高く送金手数料も必要

 

まとめ

WeChatPay(微信支付)は非常に便利なモバイル決済なのですが、中国で就労していない日本人が利用する場合、お金をチャージする方法が限定的なのが非常に残念です。

現在、アクティベートした国際クレジットカードでチャージを試みると上のような「努力拓展中」というエラーメッセージが表示されるので、いつか国際クレジットカードでチャージできる日が来ることを期待しましょう。

注意:
本サイトを参考にした結果生じた損害については一切責任を負いかねます。WeChatpay(微信支付)は中国の企業が提供するモバイル決済サービスなので、ご利用はすべて自己責任でお願いします。

-WeChat, 中国アプリ

Copyright© 中華ライフハック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.