AliPay

【2019年最新まとめ】日本人がAliPay(アリペイ/支付宝)を開設する方法

投稿日:2019年1月1日 更新日:

AliPay(アリペイ/支付宝)とは?
支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン決済サービスです。
近年では中国人観光客のインバウンド需要を取り込むべく、徐々に日本のデパートやコンビニなどでも利用できるお店が増えてきています。

この記事では、日本人が中国で現地の銀行口座を開設することなく、国際クレジットカードにより支付宝(アリペイ)を利用する最新の登録方法について紹介します。

検証条件は以下の通り

日時:2018年12月
端末:iPhone7plus(iOS 12.1)
通信キャリア:Softbank
Alipayバージョン:10.1.52

中国でAlipay(支付宝)を利用する場合、現地でインターネットへの接続が必要です。事前にWifiをレンタルして渡航しましょう。

中国出張におすすめのVPN付きレンタルWiFiサービス|2019年版

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

>> 中国で日本のテレビを見る方法

【2019年】中国生活10年以上の上級者に聞いた「おすすめ中華アプリ10選」

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

はじめての中国出張を快適に過ごすためのライフハック術

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

【2019年版】中国VPN|日々厳しさを増す中国ネット規制の壁を越える方法

中国旅行や中国出張での最大の関心事といえば「中国のネット規制問題」、中国政府によるネット規制は日々厳しさを増しています。 中国一の観光名所と言えば“The Great Wall”こと「万里の長城」です ...

支付宝(アリペイ/Alipay)開設手順

アプリをダウンロード

Alipay - Simplify Your Life

Alipay - Simplify Your Life

Alipay (Hangzhou) Technology Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

まずAlipay(支付宝)アプリをダウンロードし、アカウント登録しましょう。

注意ポイント

アップルストアでダウンロード時に「アカウントは日本のストアではご使用になれません。購入する前に中国のストアに切り替える必要があります」と表示された場合は、下記を参考にしてください。

【2019年最新】中国版アプリを使うために中国のApple IDを作成する方法

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

 

初期サインアップ

Alipayを起動したら携帯電話番号を入力しサインアップします。

プライバシーポリシー画面が出たら「同意」をプッシュします。

ポイント

携帯電話番号先頭の”0”は入力しない

スマホに送られてきた4桁のSMS認証コードを入力し、任意のログインパスワードを設定しましょう。

このような画面に切替われば初期セットアップは完了です。

 

実名認証

次に実名認証を行います。

画面右下の「Me」へ進み「実名認証」をプッシュします。

個人情報(国・氏名・パスポート番号)を入力します。

ポイント

次に「バンクカード」情報を入力する画面に切替わります。

ここで国際クレジットカードの番号を入力してもサポートしていないというエラーメッセージが表示されるので、一旦、実名認証をスキップします。

 

クレジットカードを登録

改めて「Me」から「Bank Cards」に進みます。

「+Add cards」をプッシュします。

「Add Bank Card」で国際クレジットカードの番号を入力します。

次に、カード情報(氏名・有効期限・セキュリティコード・メールアドレス・住所)を入力します。

ポイント

クレジットカード会社によっては登録できない可能性があります。(私の場合はVISAカードでは登録できましたが、JCBではエラーが出ました)

支払パスワード(任意の数字6桁)を設定、二度繰り返します。

「添加成功」と表示が出れば完了です。

「Bank Cards」に戻り国際クレジットカードが追加されているか確認してみましょう。

 

ID情報の登録

カードを追加できたら、初回利用時に「Complete ID Info」でパスポート情報の登録を求められます。

事前にチャットもしくはQRコードスキャンで第三者から少額の送金をしてもらい、ID Infoを登録しておくことをお勧めします。

「Complete ID info」の画面が出たら、再度パスポート情報を入力しましょう。

「ID Info. Completed」が出たらお金の受け渡しが可能になります。

以上でセッティング完了で、基本的なモバイル決済機能は使用できる状態になります。

追記:顔認証について

Alipay(支付宝)の仕様変更により、顔認証による実名認証が推奨されています。

実名認証が完了していないアカウントなので「未実名」と表示されています。Identity Verification(本人確認)からVerify face(顔認証)へ進みます。

画面の指示通りパスポートを撮影します。

パスポートの有効期限を入力します。

Capture your faceで自分の顔を撮影すれば完了、審査中の画面に切り替わります。

数時間後、確認してみると実名認証が完了していました。

 

Alipay(支付宝)の決済方法

Alipay(支付宝)でお金をやり取りする基本的な方法について解説します。

ネット接続環境が必須

まず、中国のコンビニなどでAlipay(支付宝)支払いする場合はインターネットの接続が必要です。日本の携帯キャリアの海外パケ放題プランもありますが比較的高額なので、事前にWiFiをレンタルして渡航することをオススメします。

中国出張におすすめのVPN付きレンタルWiFiサービス|2019年版

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

以下、実際にAlipay(支付宝)を使用する方法について解説します。

 

QRコードをスキャンして支払う

「Home」画面から「Scan」に進み、支払う相手方のQRコードをスキャンします。

金額を自分で入力して支払いましょう。

 

QRコードをスキャンされて支払う

「Home」画面から「Pay」に進み、自分のQRコードをスキャンしてもらうことにより、自動で残高から引き落とされます。レジでの支払い時に使われます。

 

QRコードでお金を受け取る

「Home」画面から「Collect」に進み、自分のQRコードを表示し相手にスキャンしてもらい送金を受取ることができます。個人間送金を受取る場合に使われます。

 

チャットで個人間送金をする

友人リストに追加されている相手ならば、チャット内でお金の送金と受取が可能です。

チャット画面の「Transfer」でお金を送金できます。

 

お金のチャージ方法

残念ながら登録した国際クレジットカードからAlipay(支付宝)へ直接お金をチャージすることはできません。

日本人がAlipay(支付宝)を利用する上で、日本からお金をどの様にチャージするのかが一番大きな問題となります。

以下に3つのチャージ方法を解説します。

現金の手渡し

日本円の現金を渡して相当分の人民元を自分のAlipay(支付宝)アカウントへ送金してもらう方法です。

アナログな手法ですが、身近に信頼できる中国人の友人や同僚がいる場合は確実な手法です。

注意点

  • 送金をお願いする金額が高額な場合や送金頻度が多いと迷惑がられる可能性があります。
  • Alipay(支付宝)は2014年に開始したばかりのサービスなので、日本滞在年数が長い中国の方の場合、Alipay(支付宝)を利用していない可能性もあります。

 

チャージ代行業者からチャージ

国際クレジットカード決済でAlipay(支付宝)WeChatPay(微信支付)へお金をチャージしてくれるサービスが数社存在しています。

 

中国の銀行口座へ送金

中国にAlipay(支付宝)へ紐づけた銀行口座がある場合、その銀行口座へ日本の金融機関または送金サービス会社から送金する方法です。Googleで「中国へ送金」で検索するといろいろな送金サービスが出てきますが、それぞれのサービスによって両替レートと手数料が異なります。

【2019年】中国出張者は現地で銀行口座を開設できるのか?

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

ダメもとで中国出張中に銀行口座を開設しに行ってみた(工商銀行)

中国では近年、金融犯罪やマネーローンダリングなどの事件が多発しているのと同時にモバイル決済サービスが急速に普及しているため、当局による銀行口座の開設に対する規制が強化されているようです。 2017年に ...

注意点

  • 外国人が中国で銀行口座を開設するのが難しくなっている
  • 両替レートが高く送金手数料も必要

 

日本のコンビニなどで使えません

日本人は日本国内のコンビニなどのレジではAlipay(支付宝)を使えません。

最近は中国人観光客によるインバウンド需要を取り込むため日本国内の店舗にも「Alipay(支付宝)で支払えます」と書かれたポスターを目にしますが、「中国の身分証」で登録したアカウントでなければ支払いができないので要注意です。

日本人は日本のローソンでAliPay(アリペイ/支付宝)決済できません!

2017年に日本全国に1万店舗以上あるローソン(LAWSON)全店でAlipay(支付宝)が導入されました。 AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グ ...

 

Alipay(支付宝)まとめ

2018年末頃から、日本でもLinepayやPaypayなどのQRコード決済システムが話題になり徐々に普及しつつありますが、中国における、Alipay(支付宝)WeChatPay(微信支付)の普及は凄まじく、もはや日常生活に欠かせないツールとなっています。

Alipay(支付宝)に限った話ではありませんが、中国では政府当局による突然の法規制変更などによって、昨日まで当たり前に出来ていたことが突然できなくなったり、知らぬ間に仕様変更がなされるのは日常茶飯事なので、この記事の通りうまくいかない可能性もありますので予めご了承ください。

-AliPay

Copyright© 中華ライフハック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.