AliPay

【2019年最新まとめ】日本人がAliPay(アリペイ/支付宝)を開設する方法

投稿日:2019年1月1日 更新日:

AliPay(アリペイ/支付宝)とは?
支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン決済サービスです。
近年では中国人観光客のインバウンド需要を取り込むべく、徐々に日本のデパートやコンビニなどでも利用できるお店が増えてきています。

Alipay(支付宝)に限らず、中国では、政府の突然の法規制変更などによって昨日まで当たり前に出来ていたことが突然できなくなったり知らぬ間に仕様変更がなされるのは日常茶飯事です。

今回は、日本人が中国で現地の銀行口座を開設することなく、国際クレジットカードにより支付宝(アリペイ)を利用する最新の登録方法について紹介します。

この記事の内容は2018年12月に検証、端末はiPhone7plus(iOS 12.1)、通信キャリアはSoftbank、Alipayはバージョン10.1.52で行いました。

【2019年最新まとめ】日本人がWeChatPay(微信支付)を開設する方法

WeChatPay(微信支付)とは? 中国一のダウンロード数を誇るWeChat(微信)に紐づいたモバイル決済サービスです。利用者は8億人以上です。中国人観光客のインバウンド需要を取り込むべく、徐々に日 ...

続きを見る

支付宝(アリペイ・Alipay)開設手順

アプリをダウンロード

Alipay(支付宝)を利用するためにはアプリをダウンロードし、アカウント登録する必要があります。

初期サインアップ

Alipayを起動、携帯電話番号を入力し「同意」します。

電話番号先頭の「0」は入力しない

SMS認証コードを入力し任意のログインパスワードを設定します。

このような画面に切替われば初期セットアップは完了です

実名認証

画面右下の「Me」へ進み「実名認証」をプッシュします。

個人情報(国・氏名・パスポート番号)を入力します。

次に「バンクカード」情報を入力する画面に切替わりますが、ここで国際クレジットカードの番号を入力してもサポートしていないというエラーメッセージが表示されるので、一旦、実名認証を取りやめます。

クレジットカードを登録

再び「Me」ページから「Bank Cards」に進み、「+Add cards」をプッシュします。

国際クレジットカード番号を入力し、カード情報(氏名・有効期限・セキュリティコード・メールアドレス・住所)を入力します。

クレジットカード会社によっては登録できない可能性があります。(私の場合はVISAカードでは登録できましたが、JCBではエラーが出ました)

支払パスワード(任意の数字6桁)を設定、二度繰り返します。

「添加成功」と表示が出れば完了です。「Bank Cards」に戻り国際クレジットカードが追加されているか確認してみましょう。

Complete ID Info

カードを追加できたら、チャットもしくはQRコードスキャンで第三者から少額の送金をしてもらいます。

「Complete ID info」の画面が出るので、再度パスポート情報を入力します。

「ID Info. Completed」が出たらお金の受け渡しが可能になります。

以上でセッティング完了です。

実名認証は完了していませんが、基本的なモバイル決済機能は使用できる状態になります。

 

Alipay(支付宝)の決済方法

QRコードをスキャンして支払う

「Home」画面から「Scan」に進み、支払う相手方のQRコードをスキャンします。

金額を自分で入力して支払います。

QRコードをスキャンされて支払う

「Home」画面から「Pay」に進み、自分のQRコードをスキャンしてもらうことにより、自動で残高から引き落とされます。ショッピングの支払い時に使われます。

QRコードでお金を受け取る

「Home」画面から「Collect」に進み、自分のQRコードを表示し相手にスキャンしてもらい送金を受取ることができます。個人間送金を受取る場合に使われます。

チャットで個人間送金をする

友人リストに追加されている相手ならば、チャット内でお金の送金と受取が可能です。

お金のチャージ方法

現金の手渡し

日本円の現金を渡して相当分の人民元を自分のAlipay(支付宝)アカウントへ送金してもらう方法です。アナログな手法ですが、身近に信頼できる中国人の友人や同僚がいる場合は確実な手法です。

注意点

  1. 送金をお願いする金額が高額な場合や送金頻度が多いと迷惑がられる可能性があります。
  2. Alipay(支付宝)は2014年に開始したばかりのサービスなので、日本滞在年数が長い中国の方の場合、Alipay(支付宝)を利用していない可能性もあります。

VPAYFASTでチャージ

VPAYFASTは国際クレジットカードからAlipay(支付宝)WeChatPay(微信支付)へお金をチャージできるサービスです。

注意点

  1. 交換レートが良くない

中国の銀行口座へ送金

中国にAlipay(支付宝)へ紐づけた銀行口座がある場合、その銀行口座へ日本の金融機関または送金サービス会社から送金する方法です。Googleで「中国へ送金」で検索するといろいろな送金サービスが出てきますが、それぞれのサービスによって両替レートと手数料が異なります。

ダメもとで中国出張中に銀行口座を開設しに行ってみた(工商銀行)

中国では近年、金融犯罪やマネーローンダリングなどの事件が多発しているのと同時にモバイル決済サービスが急速に普及しているため、当局による銀行口座の開設に対する規制が強化されているようです。 2017年に ...

注意点

  1. 外国人が中国で銀行口座を開設するのが難しくなっている
  2. 両替レートが高く送金手数料も必要
【2019年最新まとめ】日本人がWeChatPay(微信支付)を開設する方法

WeChatPay(微信支付)とは? 中国一のダウンロード数を誇るWeChat(微信)に紐づいたモバイル決済サービスです。利用者は8億人以上です。中国人観光客のインバウンド需要を取り込むべく、徐々に日 ...

-AliPay

Copyright© 中華ライフハック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.