中国VPN 中国アプリ

中国でDAZNを観る方法

2019年10月16日

DAZNといえば、130以上のスポーツコンテンツをスマホでも、テレビでも、パソコンでも。 UEFAチャンピオンズリーグや明治安田生命Jリーグをはじめ、 他にもサッカー、野球、モータースポーツなどの人気コンテンツが見放題なのですが、中国からはネット規制により通常のインターネット接続では視聴することが出来ません。

 

普通にVPNへ接続してもダメ

たとえばYoutubeならば普通にVPN接続すれば視聴可能なのですが、DAZNの場合は、DAZN側がVPNやプロキシからのアクセスをブロックする方針を実施していると同時に、中国当局側のネット規制も厳しさを増しているため、現在、普通にVPNへ接続しただけではDAZNを安定的に視聴することが難しくなっています。

とある有料のVPNサービスを使って試みましたが、DAZNの視聴は不可能でした。

 

DAZNを視聴できるVPNはある

DAZNを視聴可能にする特殊な回線を提供しているのがUCSSというサービスです。

UCSSShadowsocksという独自の中国のグレートファイヤーウォールを突破することを目的に開発されたプロキシで、インターネット規制のある地域から安全で高速にインターネットへ接続することが可能です。

通常のVPNを使っている場合、中国国内サイトのアクセスが出来ないもしくは速度が低下しますが、Shadowsocksの場合は接続速度が速くストレスフリーで、動画視聴にも適しています

残念ながら「無料お試し期間がない」「契約は最短で3ヶ月~、US$33.00~」「初回利用時のセッティング方法が少し煩雑」というマイナスポイントが挙げられますが、どうしてもDAZNを視聴したい!という思いがあるならば享受できないデメリットではありません。

中国からのアクセスについて

undercurrentss.comが中国からアクセス出来なくなった為に、ミラーサイトを作成させて頂きました。中国からアクセスされる場合は、undercurrentss.netをご利用下さい。

DAZNを視聴できる回線につなげてみた


まずはUCSSのDAZNを視聴できる回線に接続してみます。(ちなみにHuluも視聴可能な回線でもあります)

普通にログインでき視聴することができました!

中国でどうしてもDAZNを視聴したいならば、まずは3ヶ月UCSSをお試してみてはいかがでしょうか。

⬇︎⬇︎UCSSの使い方を解説しています⬇︎⬇︎

中国VPN高速ネット通信ができるShadowsocks「UCSS」の設定方法

私は中国でGoogleが閲覧できなくなった頃から、もうかれこれ7~8年ほど中国のネット規制を回避するために様々なVPNサービスを試してきました。最近、試しに導入してみた「UCSS」というプロバイダーの ...

※本記事は2019年10月の時点での状況であり、今後、中国のネット規制の強化や、DAZNによるVPN・プロキシ検知システムの状況によっては視聴出来なくなる可能性もありますのでご了承下さい。

中国生活で役立つ記事10選

1

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

2

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

3

中国のアップルストアでは、日本のApple IDを使って中国アプリをダウンロードできません。最近では中国発の魅力的なアプリも増えているので、使いたい中国アプリが日本のアップルストアにない場合に困ってし ...

4

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

5

私は2003年から現在まで駐在や出張で中国各地を往来していますが、ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、アプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。逆に中国の ...

6

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

7

広東省発展改革委員会は2019年1月29 日、中国政府が新たな地域発展計画として位置付ける「広東・香港・マカオグレートベイエリア(粤港澳大湾区)」(以下、ベイエリア)計画について、2035年に世界一流 ...

8

はじめに 私は頻繁に日中を往来する就労ビザを持たない出張者ですが、WeChatPay(微信支付)とAlipay(支付宝)を使うために2017年4月に上海の中国工商銀行で銀行口座を開設しました。 今から ...

9

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

10

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

-中国VPN, 中国アプリ

Copyright© 中華ライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.