中国ライフハック

【実録】隔離不要のビジネストラックで中国出張を計画してみた

2020年12月3日

2020年11月30日から、日中間の隔離無しのビジネス渡航が条件付きで可能となる「ビジネストラック(ファストトラック)」が運用開始されると報道されましたよね。

私もコロナ前は月一ペースで訪中していた出張者なので日中の往来が緩和されることは歓迎なのですが、そもそも日中でコロナ対策に対する温度差は大きく、また、何事も一筋縄ではいかない中国なので、本当にビジネストラックによる訪中が現実的なのか不安が残ります。

そこで今回は、実際にビジネストラックを利用して中国へ出張するためにはどのような手続きが必要で、どういったハードルがあるのか、実際に渡航できるのかを検証してみました。

新型コロナウイルス関連の中国語まとめ

新型コロナウイルス関連する政府の発表や報道などでは、「クラスター」や「3密」などさまざまな専門用語が飛び交っているように、中国語でもコロナ関連の専門用語があります。 でも、今まで聞いたことのない単語な ...

続きを見る

 

はじめに

日本外務省のリリース

2020年11月27日に外務省からリリースされた「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(中国・ビジネストラック及びレジデンストラック)」に、日本から中国へビジネストラックで渡航する具体的なフローチャートが掲載されています。

 

中国の公式アナウンス

念のため本件について中国の公的機関からも同様のリリースがあるのか調査したのですが、外交部の記者会見「中日“快捷通道”将于11月30日正式启动(日中間のファストトラックは11月30日から正式に開始)」と言及されているだけで、日本の外務省がリリースしたような具体的なフローチャートなどは見つかりませんでした。

中国公的機関の公式アナウンスをご存知の方はご一報ください

一抹の不安は残りますが、ここで足踏みするわけにはいかないので、ここでは日本の外務省リリースのフローチャートに従って検証してみたいと思います。

 

出国前の準備

中国ビザのオンライン申請

現在、「日本国籍の14日間ビザ免除措置」と「2020年3月27日以前に発行された有効な訪中ビザ」は暫定停止中となっているため、改めてビザを申請する必要があるようです。

中国ビザの申請はオンライン化されているので、中国ビザ申請サービスセンターのウェブサイトから、オンライン上で電子ビザ申請書の入力を行い、ビザの申請日および時間を予約して手続きするだけとかなり便利になっています。

中国ビザ申請サービスセンターのウェブサイトのトップページにある「高速リンク査証」をタップします

ここから中国ビザ申請書の入力ができます

ここから中国ビザ申請の面談日時を予約できます

 

電子ビザ申請書の入力は完了したのですが、ビザの申請には中国の省政府クラスの商務庁または人民政府外事弁公室が発行したバーコード付き招聘状(邀请函/PU)が必要になると判明しました。

 

招聘状の申請

これまでMビザの申請などで必要だった招聘状は企業の責任者のサインがあればOKでしたが、今回必要なのは省政府クラスが発行する招聘状と、かなり難易度が高くなっているようです。

申請先については地域により異なるので確認が必要です

上海にある現地法人に招聘状の申請をお願いしたところ快諾してもらえました。

現地で招聘状申請に必要だった資料

上海では外国人招聘状を発行する場合、下記資料の提出を求められるようです。

  1. 申請企業の基本状況(資本金・住所・従業員数・納税状況)
  2. 外国人招聘の理由
  3. 営業執照
  4. パスポートおよびビザのコピー
  5. 招聘者名簿と基本情報
  6. 入国後のスケジュール表

ここで現地から一報がありました。

「11月までは招聘状の発行はできたが、上海コロナ発生の影響で11月以降の手続きは非常に難しくなっているとの連絡が・・・

どうやら11月9日に上海の浦東新区にて新型コロナ感染者が確認された影響で、審査がかなり厳格になっているようです。

新型コロナウイルス感染症(上海市における新規確定症例の発生)

といった具合に、私の渡航計画はいきなりビザ申請のところでつまずいてしまいました。

引き続き現地にはプッシュしてみますが、私の場合年内の中国渡航は厳しそうです。

 

まとめ

新規感染者ゼロを目指し徹底的な対策を行う中国と、Withコロナと称して長期化も覚悟して(?)ゆるい対策を続ける日本では感染症対策についてのギャップも大きく外国人受け入れに対する厳しさも大きく違うと実感しました。

状況が変わり次第、続報を追記したいと思います。

中国のコロナ隔離生活で準備しておきたい持ち物リスト

日中間の往来が徐々に緩和されつつあり、延期していた中国への赴任や出張を再開し始めたという話を聞くようになりました。 とはいえ中国入国直後に待ち受けているのが「14日間の孤独な隔離生活」です。 日本では ...

続きを見る

中国生活で役立つ記事15選

1

2021年4月1日から提供開始となる楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の詳細が発表されました。 今回発表されたこの楽天モバイルの新プランは、海外に駐在・留学している日本人に ...

2

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

3

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

4

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple IDからはダウンロードできない中国アプリがあるんです。 そこで今回は、中国のApp Storeからアプ ...

5

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

6

「中国で快適に使えるVPNを探してるけど、種類が多すぎてどれを選んだら良いのかわからない」と思っていませんか? みなさんご存知の通り、中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と呼ばれるインターネ ...

7

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

8

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

9

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

10

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

11

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

12

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

13

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

14

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

15

『Viamaker』は『 CapCut(キャップカット)』に名称変更されました 朗報です!中国のバイトダンス社が配信する中国版TikTok”抖音”御用達の動画編集アプリ「剪映 」の日本版『CapCut ...

-中国ライフハック

Copyright© 中華ライフハック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.