備忘録

日本人が香港から中国本土まで高鉄で移動する方法

これまで深センから香港への移動はリムジンバス、ダブルナンバー車、地下鉄MTRが主でしたが、2018年9月に深センと香港を結ぶ新幹線「広深港高鉄」が開通したことで、深センから香港への移動がグッと早く便利になりました。  コロナ後の2023年には上海や北京などから香港西九龍駅まで連結する長距離路線も増便し、香港から中国各地への長距離移動が非常に便利になっています。

この記事では、コロナ後の2023年、実際に香港西九龍駅から深セン北駅まで高鉄で移動した感想およびチケットの購入方法と乗車方法について紹介します。

中国高鉄eチケットの購入方法

まずはじめに高鉄のEチケットを購入します。

中国高鉄のEチケットは、日本語にも対応しているTrip.comでの購入が便利です。

トップページの「列車」をタップ

出発地、目的地、乗車日を入力して検索

乗車したい列車を選びます

座席の種類を選択し「予約」をタップ

「乗客情報を入力」をタップ

パスポート情報を入力します

連絡先情報を入力し、座席指定を選択します

支払いを済ませます

予約手続きは完了ですが、まだ座席が確保できた訳ではありません

eチケット購入完了の通知が来たら予約完了です

「検票口」と「車両・座席」の番号を確認しておきましょう

以上の手順でeチケットの購入が完了し、中国鉄道のシステムに乗客情報と乗車する列車の座席番号が紐づけられます。

香港西九龍駅 高鉄の乗り方

地下1階の改札を通過度、地下3階のイミグレにて香港を出国してから中国に入国後、高鉄列車に乗るというという流れになります。

まずは香港の高鉄駅(香港西九龍駅)へ向かいます

香港地下鉄MTRで行く場合、西鉄線の「柯士甸駅(Austin)」もしくは機場快線・東涌線の「九龍駅(Kowloon)」と連結しています

構内に入ったら「高速鐡路」の標識に沿って進みます

地下1階にある「離港 Departures」に向かって進みます

地下1階 香港西九龍駅 改札

係員の指示に従って、パスポートで改札ゲートを通過します

ゲートを通過したらセキュリティー検査を受けます

エスカレーターで地下3階まで降ります

「離港 Departures」の標識に沿って進みます

地下3階 香港イミグレ(出国)

香港のイミグレに到着します

「訪客櫃台 Visitor Counters」に向かって進みます

出国ゲートでパスポートを提示して香港を出国します

そのまま、中国のイミグレに向かって進みます

途中の廊下に、中国大陸と香港の境界線が記されています

地下3階 中国イミグレ(入国)

「外国人 Foreigners」の標識の方向へ進みます

ここで「外国人入境カード」への記入が必要です

外国人入境カードへ事前に記入しておくと時短になります

中国入国ゲートでForeigners(外国人)の列に並んで中国へ入国します

この中国入国イミグレ待ち時間が非常に読みづらいため、なるべく時間に余裕を持った出発時刻のチケットを購入しましょう

中国入国ゲートを通過したらセキュリティー検査を受けます

地下3階 高鉄乗り場

Eチケットに書かれてある検票口に向かいます

乗車可能時刻になったら改札にパスポートをスキャンさせて入場します

地下4階 高鉄プラットフォーム

エスカレーターでプラットホームに降ります

Eチケットに書かれた車両に乗車します

中国本土の駅に向かって高鉄が出発

中国本土の高鉄駅へ到着

中国本土の到着駅では係員のいる「人工通道」でパスポートをスキャンして通過します

香港から中国本土へ高鉄移動する方法 まとめ

香港西九龍駅では、中国からの出国手続きと香港への入国手続きが駅ビル内で続けて行われます。一箇所で出入国手続きが完結するので、効率性と利便性を大幅に向上しており、われわれ外国人にとっても非常に利用しやすくなっています。

また、中国高速鉄道システムは、2021年以降、外国人旅行者にも利用しやすいように改善され、非常に効率良く長距離移動ができるようになりました。

中国生活で役立つ記事10選

1

日本人が中国で生活する上で今や必要不可欠な通信インフラとなったVPN。でも、いざ使ってみようとすると ...

2

中国において、モバイル決済手段は多くあるに越したことはありません。この記事では、中国出張前に準備して ...

3

今や海外への旅行や出張に欠かせないアイテムのひとつであるポケットWi-Fiルーター。事前にレンタルし ...

4

中国では、現金払いよりも、AlipayやWeChatPayといったアプリによるモバイル決済が主流とな ...

5

WeChatPay(微信支付)は、Alipay(支付宝)と並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表す ...

6

この記事では、現在私が利用している“中国から日本のテレビを見れるサービス”についてご紹介します。 実 ...

7

2023年2月現在、中国Mビザを取得するためには、以下4つの書類が必要です。 中国Mビザ取得 必要書 ...

8

中国は、世界で最も広範囲にわたる高速鉄道ネットワークを誇っており、旅行者にとって効率的な移動手段を提 ...

9

この記事では、海外でAmazonの「Fire TV Stick」を利用し日本の番組を視聴する方法につ ...

10

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple I ...

-備忘録