WeChat

WeChatPay(微信支付)新規アカウントでの送金受け取りが不可能になっています

投稿日:2019年2月25日 更新日:

2019年2月末現在、時期は不明ですが実名認証無しに「新規」に登録したWeChatPay(微信支付)アカウントにチャージする方法はポケットチェンジのみに限られています。

2019年2月24日頃から登録したWeChatPay(微信支付)アカウントで「送金してもらったお金を受取れなくなった」という報告を数件頂いたので、2019年1月に新規登録したWeChatPay(微信支付)アカウントで検証してみました。

 

QRコードでお金を送金してみた

左はお金を受け取る新規アカウントのQRコード、右はそのQRコードをスキャンして送金しようとした別のアカウントの画面です。

送金しようとした別アカウントの画面に「相手方のアカウントは受取りを制限されており、中国大陸の銀行カードで実名認証しなければならない」という表示が出て送金できませんでした。

新規WeChatPay(微信支付)アカウントではお金を受け取ることはできませんでした。

 

チャットで送金してみた

チャットでの個人間送金機能を使って、別アカウントから新規アカウントへ送金してみました。

別アカウントから送金されたという表示はでましたが、受け取ろうとプッシュすると「中国大陸の銀行カードで実名認証しなければ受け取ることはできない」という表示が現れました。

新規WeChatPay(微信支付)アカウントでは、チャットによる個人間送金のお金を受け取ることはできませんでした。

3/11追記:
パソコン版「WeChat For Windows」を使って友人からの送金を受取ることができました。

 

ポケットチェンジでチャージ

2019年2月28日に検証した結果、ポケットチェンジでのお金のチャージは可能でした。

ポケットチェンジの利用方法は下記を参照してください。

日本でWeChatPay(微信支付)にチャージできる唯一の両替機|ポケットチェンジの利用方法

ご注意ください ポケットチェンジからWeChat Payへのチャージは中国の居民身分証、又は中国の銀行口座をお持ちでない方はご利用できません。2019年7月5日に仕様変更があり、以前に国際クレジットカ ...

ポケットチェンジでチャージしたお金で、上海のローソンでも普通に支払いができることも確認しました。

 

まとめ

2019年5月時点で中国に銀行口座を持たない日本人がWeChatPay(微信支付)にお金をチャージする方法は「ポケットチェンジ」と「WeChat For Windows」を用いた個人間送金の2種類あります。

毎度のことですがWeChatPay(微信支付)側からは何のアナウンスもないので、この問題の全容はつかめていませんが、私が2年前から日常的に使用しているアカウントでは正常に利用できているので、送金受取り不能問題は新規登録したアカウントのみ限定的に起きている現象のようです。(いつ登録したアカウントからダメなのかは不明です)

中国当局による法規制変更によってWeChatPay(微信支付)で仕様変更があったものと推測しますが、残念ながらこればかりは対応しようがありません。

2018年にも「3月下旬~7月上旬」と「11月下旬~12月中旬」の間、”何の告知も無く”国際クレジットカードによる本人認証でもアクティベートが出来なくなるなど、昨日まで当たり前に出来ていたことが突然できなくなるのが中国、すなわちチャイナリスクです。

WeChatPay(微信支付)については今後何らかのタイミングで制限が解除されるのを祈るしかなさそうです。

今のところ、Alipay(支付宝)は利用出来ているようです。

【2019年最新まとめ】日本人がAliPay(アリペイ/支付宝)を開設する方法

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

-WeChat

Copyright© 中華ライフハック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.