中国VPN

コスパ最強のVPNはコレだ!『PureVPN』の使い方

2021年1月8日

PURE VPN』は香港の会社が運営するVPNサービスです。

とにかくコスパが最強です!

2年プランで契約すれば”月額350円”という最強のコストパフォーマンス

これからどのVPNサービスと契約したら良いか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

「PureVPN」の基本スペック

まずは『PURE VPN』の基本スペックを表にしてみました。

プラン・価格  1ヶ月:10.95ドル/月
1年:  5.81ドル/月
2年:  3.33ドル/月
5年:  1.65ドル/月
※キャンペーンによる変動あり
無料お試し期間 30日間返金保証
日本語対応 申し込みは日本語表示
サポートは日本語未対応
対応OS Windows・Android・Mac・iPhone・iPad・Linux・Chrome・Firefoxなど
同時接続台数 10台
サーバー設置数 140カ国・6500台以上
支払方法 クレジットカード(Visa・Master・Amex)・PayPal・ApplePay
利用しやすさ 専用アプリあり
サポート 24時間365日対応(日本語未対応)
その他 世界中のNetflixを快適に視聴できる

PURE VPN」のもっと詳しいスペックはコチラ

 

「PureVPN」のメリット

コスパは最強レベル

2年プランで契約すれば”月額350円”という、他社サービスと比べて約1/3の価格で利用できます。不定期ですがキャンペーン期間中には5年で”月額150円”という破格のプランも登場します。

 

専用アプリで簡単設定

Windows・Android・Mac・iPhone・iPadといった一般的なスマホ・PC・タブレットのほかに、Amazon FireTV StickやPlaystasionなど非常に広範囲のデバイスやブラウザにも対応した専用アプリがあるので設定が非常に簡単です。

 

Netflixに特化

PureVPNを利用すると、米国、オーストラリア、ドイツ、日本、カナダ、フランス、イギリスのNetflix番組に簡単にアクセスできます。日本からはアクセスできないNetflix番組も視聴することができます。

 

軍事レベルのセキュリティ

データは業界最高レベルの「AES 256ビット暗号化」で保護されるので、セキュリティ面は安心して利用できます。

 

「PureVPN」のデメリット

日本語未対応

ホームページは日本語表示されるので申し込みは簡単です。サポートは24時間365日対応しているのですが、日本語未対応なので、英語が苦手という方にはちょっと悩ましいポイントです。

 

「PureVPN」の使い方

前にも述べましたが、「PureVPN」は幅広く様々なデバイスに専用アプリで対応しているので、VPNの設定が非常に簡単です。

実際にiPhoneへ設定した手順を記載します。

手順① PureVPNの契約

コチラから「PureVPNを購入する」をタップ

 

プランと支払い方法を選択

 

メールアドレスとクレジットカード情報を入力して申し込みます

 

手順② メールを確認する

登録したメールアドレスを確認し、「USERNAME」と「PASSWORD」が届いていることを確認します。

 

手順③ アプリの設定

「PureVPN」のサイトから使用したいデバイスの専用アプリをダウンロードします。

 

アプリを起動したら左上のタブをタップします。

 

「Login」をタップします

 

Eメールで確認した「USERNAME」と「PASSWORD」を入力し「Login」します。

 

右上の地球儀マークをタップします

 

接続したい国のサーバーを選択します。

 

画面中央の丸をタップすればVPN接続が完了します。

いかがでしょうか?

PURE VPN」専用アプリのユーザーインターフェイスは非常に優れていて、設定が簡単なので初めてVPNを使う方にもおすすめできます。

 

PURE VPNはこんな人にオススメ

  • とにかくコストを抑えたい人
  • スマホ・PC・タブレット以外のデバイスでも利用したい人
  • セカンドVPNを検討している人

私の場合は、とにかくコスパが良いので非常時のセカンドVPNとして、また、海外でAmazon Fire TV Stickを視聴するために契約しました。

海外でAmazon「Fire TV Stick」を利用し日本の番組を視聴する方法

この記事は、 海外でAmazonの「Fire TV Stick」を利用し日本の番組を視聴する方法 についてわかりやすく解説していきます。 Fire TV Stickとは AmazonのFire TV ...

続きを見る

中国生活で役立つ記事15選

1

2021年4月1日から提供開始となる楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の詳細が発表されました。 今回発表されたこの楽天モバイルの新プランは、海外に駐在・留学している日本人に ...

2

WeChatPay(微信支付)は、Alipayと並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表する二大決済アプリです。 WeChatPayに対応しているお店でQRコード決済できるほかにWeChatユーザー間 ...

3

AliPay(アリペイ/支付宝)とは? 支付宝(アリペイ)とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供する、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン ...

4

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でも、日本のApple IDでは中国アプリをダウンロードできない場合があるんです。 今回は、中国のApp Storeからアプリをダウンロードする方法につ ...

5

中国のアプリを使いたいと思いGooglePlayStoreを探しても出てこないという経験はありませんか? 中国アプリの多くはGooglePlayStoreからダウンロードができません。 例えば、中国で ...

6

中国で使えるVPNを検索すると、いろいろ出てきて正直どのサービスを選べば良いかわからないよ。。。という方に読んで欲しい記事です。 みなさんご存知の通り、中国では「グレート・ファイアウォール(金盾)」と ...

7

「VPN」をどうするのか? 中国に駐在、留学、出張で来る場合、ほとんどの方が直面する課題です。 「VPNって無料と有料、どっちが良いの?」 このような質問をよく受けるのですが、私は必ずこう回答していま ...

8

中国上海などの大都市では「滴滴出行-DiDi」などの配車アプリが普及して以降、繁華街などで空車のタクシーを捕まえることが非常に難しくなっています。特に朝夕のラッシュ時間帯やドライバー数も減る国慶節や春 ...

9

ここ数年中国のIT分野はものすごいスピードで独自の進化を遂げており、中国で生活しているとスマホアプリが無いと日常生活に支障を来すケースもあるほどです。また、中国で生活していなくてもビジネスやエンタメで ...

10

当サイトでは、海外生活におけるライフハック術を主に紹介していますが、よく聞かれる質問の一つが「日本のテレビを視聴できるサービス」についてです。 日本では当たり前のように視聴できるテレビ番組ですが、海外 ...

11

インターネットが厳しく管理されている中国大陸への出張や旅行時に、スマホやタブレットでインターネットにつなぐ方法はいくつかありますが、渡航期間が短期の場合はVPN付きの海外ポケットWiFiをレンタルして ...

12

まずは簡単な自己紹介から 私は2003年から2007年まで中国上海に駐在し、2008年から現在まで年間100日〜180日程度出張で中国各地に滞在しています。 そもそもはじめての出張は、不慣れな土地やホ ...

13

最近のAI翻訳技術の進化は目まぐるしく瞬時に翻訳されスムーズな会話が可能な翻訳機が続々と登場しています。 音声翻訳機は中国語で会話をしなければならないシーンや、初めての中国滞在で単語がわからず不安なと ...

14

Weiboとは Weibo(微博)は新浪微博が運営する中国最大のSNSです。 Weiboは一般的に「中国版twitter」と説明されます。 中華圏で最大のSNSで、全世界に7億人のユーザーを持っていま ...

15

『Viamaker』は『 CapCut(キャップカット)』に名称変更されました 朗報です!中国のバイトダンス社が配信する中国版TikTok”抖音”御用達の動画編集アプリ「剪映 」の日本版『CapCut ...

-中国VPN

Copyright© 中華ライフハック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.