中国ライフハック 中国出張

中国の銀行口座が凍結された場合の解除手続と必要書類について

過去に開設した中国の銀行口座が、パスポートの期限切れや登録していた電話番号の失効などにより口座が凍結されてしまった方も多いのではないでしょうか。

かくいう私も、コロナの3年間にパスポートの期限切れにより中国工商銀行の口座が凍結されてしまいました。

この記事では、中国の銀行口座凍結から凍結解除までの手続き方法について記録しています。

 

中国の銀行口座が凍結された

ある日、WeChatPayを使おうとするとエラーが表示されました

The ID you registered with your bank has expired. Please update your ID at your bank using your ID and bank card, or tap below to view solutions to confirm with your bank.(銀行に登録したIDの有効期限が切れています。お手数ですが、ご登録の身分証明書とキャッシュカードを持参してご利用の銀行にてIDの更新を行っていただくか、下記詳細の表示をご覧いただき、銀行にご確認ください。)

 

 

中国工商銀行のアプリを確認すると、同様に身分証の期限切れについてのメッセージが表示されていました

尊敬的客户,您在我行留存的身份证件信息已经过期。根据监管部门关于个人银行账户实名制管理等相关要求,我行将从即日起中止您账户的资金交易服务,交易受限范围包括手机银行、网上银行、智能终端、ATM、柜面业务、POS机刷卡消费等动账类业务以及开户业务(部分批量交易除外)。为不影响您正常办理业务,请及时通过我行手机银行-“我的-个人资料-个人信息-证件有效期”功能对身份证件有效期进行更新,或携带本人有效身份证件前往我行网点更新证件信息。(お客様各位:当行で保管していた本人確認書類の情報が失効いたしました。 当行では、個人銀行口座の実名管理に関する監督当局の要請に従い、お客様の口座の資金取引サービスを即時停止いたします。取引制限の対象となる範囲は、モバイルバンキング、オンラインバンキング、スマートターミナル、ATM、店頭サービス、POSカード消費、その他のモバイルバンキングサービス、および口座開設サービス(一部の一括取引を除く)となります。 通常のお取引に支障をきたさないよう、モバイルバンキング-「My」-「個人情報」-「ID有効期限」の機能でIDカードの有効期限を更新していただくか、有効なIDカードをご持参のうえ、当行店舗にてIDカード情報の更新を行ってください。)

 

 

モバイルバンキングで身分証の更新ができるか試してみました

 

 

やはり中国人の身分証にしか対応していないと判明

やはり我々外国人の場合は、直接銀行の窓口に行く必要があるようです

 

 

中国銀行口座の凍結解除手続と必要書類について

中国出張のタイミングで最寄りの中国工商銀行に行きました(口座を開設した支店とは別の支店)

持参した物

銀行キャッシュカード、旧パスポート、新パスポート

 

 

入口にいる守衛らしきスタッフに要件を聞かれたので、口座の身分証を更新したいと告げると整理券を渡されました

 

 

順番は5番目でしたが、1時間以上待たされました

順番が来て、窓口に行くと、10分程度でパスポートの更新は完了しました。

 

 

旧パスポートを紛失した場合

在中国日本国大使館で「同一人物証明」を取得する必要があるようです。

https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/shoumei_jinbutu.html

 

中国の銀行口座凍結解除まとめ

今回、銀行口座の凍結よりも、突然、WeChatPayとAlipayが使えなくなったことでパニくりました。

待ち時間は長かったですが、非常にあっさり銀行口座を復活させることができました。

注意ポイント

各銀行により凍結解除の手続き方法は異なると思われます。また同じ中国工商銀行でも支店や窓口の行員のスキルによっては対応が異なる可能性も十分考えられるので、あくまでもご参考程度にしてください。

中国生活で役立つ記事10選

1

日本人が中国で生活する上で今や必要不可欠な通信インフラとなったVPN。でも、いざ使ってみようとすると ...

2

中国において、モバイル決済手段は多くあるに越したことはありません。この記事では、中国出張前に準備して ...

3

今や海外への旅行や出張に欠かせないアイテムのひとつであるポケットWi-Fiルーター。事前にレンタルし ...

4

中国では、現金払いよりも、AlipayやWeChatPayといったアプリによるモバイル決済が主流とな ...

5

WeChatPay(微信支付)は、Alipay(支付宝)と並ぶキャッシュレス先進国である中国を代表す ...

6

この記事では、現在私が利用している“中国から日本のテレビを見れるサービス”についてご紹介します。 実 ...

7

2023年2月現在、中国Mビザを取得するためには、以下4つの書類が必要です。 中国Mビザ取得 必要書 ...

8

中国は、世界で最も広範囲にわたる高速鉄道ネットワークを誇っており、旅行者にとって効率的な移動手段を提 ...

9

この記事では、海外でAmazonの「Fire TV Stick」を利用し日本の番組を視聴する方法につ ...

10

最近は中国発の魅力的なアプリが増えてますよね。 でもiPhoneユーザーの場合、日本のApple I ...

-中国ライフハック, 中国出張